望遠鏡の清掃

今日は良い天気。

この眺めはいつものお散歩コースの一場面ですが、南アルプスが額縁のように望めるお気に入りの風景の一つです。

さて今日は天文ドーム40cm望遠鏡のお掃除をしました。

スタパの40cm望遠鏡はシュミットカセグレイン型といって、カセグレイン型と呼ばれる反射望遠鏡の前面にシュミットレンズ(以下補正板といいます)と呼ばれる(一見限りなく平面ガラスに近い)レンズが付いています。

このため望遠鏡の中はあまり汚れないのですが、補正板の表面は埃や花粉が積もったり、それが結露したりとかなり汚れます。

ここ2年くらい清掃していなかったのでかなり汚れています。

また汚れにくいといっても補正板の内側は開業以来15年間掃除したことがなかったので、だいぶ汚れが着いてきました。

シュミカセ型望遠鏡の場合、補正板を取り外すのは自己責任になってしまうので、できるだけ外さないことにしてきたのですが、そろそろ限界になって来ました。

また中央にある副鏡のセルもガタつきが出ていて、望遠鏡の向きにより像がズレるという問題も出てきたので、思い切って取り外して清掃することにしました。

補正板は厚みが1cm以上もあるのでそれだけでもかなり重くて、取り扱いには細心の注意が必要です。

直径40cmのガラス板をムラ無く拭くのはかなり難しいです。

あまり丁寧に磨きすぎてレンズにキズをつけてもいけないので多少のムラには目をつぶって、とりあえず観測に支障の無いレベルにしました。

拭きムラや、埃はご愛敬として、かなり綺麗になりました。

夜になって光軸修正をしたり、サブスコープとの光軸合わせをしたりと、天文ドームにいる時間がやたらと長い一日でした。

今日はいつもの遊星号ではなくサブスコープ(EDアポD102/f660mm)にて撮影しました。

わりとシーイングも良かったので、遊星号とはひと味違う写りになっています。