FC65がやって来た

今日はドンヨリ曇り空。

でも雨にならなかっただけでもヨシとしましょう。

さてペンション仲間から「捨てようと思っている望遠鏡があるのだけれど、スタパさん、いります?」とお声がけを頂きました。

カビだらけでガタガタだよ~・・とも言われました。

この手のお話しの場合、ほとんどが三流品のスクラップである場合が多いのですが、よくよく話を聞くと「高橋製作所」という表示があるそうでした。

それならばと取りにうかがうと、そこにはすでに不燃ゴミの袋に密封されたタカハシの往年の名器、FC65+スカイキャンサー式赤道儀(1983年製)が有りました。

確かに対物レンズはキャップが無くカビだらけ、赤道儀もガタガタ、ドロドロでしたが・・・・・

赤道儀や三脚は清掃してネジを締め直したらほぼ問題ないレベルに使えそうです。

メーカーに確認したところ性能の100%復帰は難しいかも知れないが、とりあえず修理は受け付けてくれるとのこと。

鏡筒は近日中に修理に出したいと思います。

タカハシの製品はとにかくお高いのでなかなか手が出せず、スタパには1台も無かったのですが、少し嬉しい拾い物をした感じです。

さて今夜は夜になって晴れ!!

月がかなり明るくなっているので星見という感じではありませんが、昼間曇って夜晴れるという、とても嬉しいパンターンになりました。

スタパオーナー について

たくさんのかたに星空の美しさ、楽しさを知って頂きたくて、天体観測のできるペンションを開業しました。
カテゴリー: 天文関係, 月・惑星, 望遠鏡・機材 パーマリンク

FC65がやって来た への4件のフィードバック

  1. 小澤利晴 のコメント:

    オーナー様、こんにちは。

    今では65ミリというスペックは見なくなりました。あの当時は屈折は60ミリがアマチュアの定番であり、学生から社会人まで幅広く使われていまして、その上になると76ミリから80ミリとなり、一気に高級化し高価になるためなかなか手が出せない存在となっていました。
    その意味で65ミリというのは魅力でしたね。80ミリには届かないが60ミリよりも確実に優越感に浸れる、この5ミリの差は実際の光学敵地論値の差よりも、我々アマチュアにとってはずっと大きい違いでした。

    タカハシのものはまず、3枚玉セミアポが出て、次に80ミリのセミアポ、そしてフローライトと進化して行ったのですが、蛍石の供給元はCanonオプトロンでしたか、ちょっと記憶が曖昧ですが確かこの年代のものはホタル石そのものにはコーティングが施されていない時期のものだったと思います。相方のレンズの性質によるのかどうかわかりませんが、長期使用(または保管)のものはレンズに曇りが生じたものもあったように記憶していますが、オーナー様がアップされた鏡筒のレンズはカビのみで、曇りは見られないように見えます。

    またこの頃の対物レンズにはセルにスケアリング光軸調整ネジが120度間隔に3対設置されていてこれだけでメンテ上の安心感が得られたのです。当時はアクロマートでも上位機種になればほぼ必ず設置されていました。これも時代を感じさせますね。

  2. スタパオーナー のコメント:

    小澤さま

    いつもコメントをありがとうございます。

    当時は6.5cmのことを憧れを込めて6半と呼んでいました。
    バイク乗りの憧れである750ccの大型バイクが7半と呼ばれるのと同じようなイメージでこう呼んでいたのだと思います。

    当時は8cmの望遠鏡にはとても手が出ないけれど6.5cmならいつかは手に入るかもという感じもあったかも知れません。
    そんな思い入れもあるので、何とか蘇らせてあげたいと思った次第です。

    さすがにとても柔らかいといわれるフローライトのレンズを自分でメンテナンスすることをあきらめ、メーカーにレストアしてもらおうと、今日修理に出してきました。

    さすがにすでに原器がないので磨き直しは難しいようですが、コーティングが飛ぶことを覚悟すれば観察にそれほど大きな支障が無いくらいにはできそうだとのことでした。

    2ヶ月くらいの修理期間がかかるそうですが、楽しみに待ちたいと思います。

  3. 小澤利晴 のコメント:

    オーナー様こんばんは。

    あれこれ思うことがあり、またコメントしてしまいました。

    あの頃の6cm屈折についてはオーナー様おっしゃる通り、我々のスタンダードでした。
    しかし最近度肝を抜かれる6cmフローライトがタカハシから出ましたね。これを最初に見たときは性能云々の前にその値段に驚愕してしまいました。ファインダーにバンドプレートを、全部オリジナルのもので揃えると、おおよそセレストロンのC-9が買える値段です。驚いたと同時にこのメーカーのフローライトに対するこだわりの凄さを感じました。執念に近いものを感じます。

    思えば世の中のアポクロマート屈折がほぼEDになりかわってからもタカハシはフローライトの火を消さなかったと言うことなのでしょう。エコガラスをフローライトと組み合わせる技術を確立し、長焦点の7.6cmから、10cmを復活させ今度は超マニアックな6cmです。やはりこれは国内でフローライト屈折の草分けであると言う自負なのでしょうか。
    ところで最近ではボーグからも10.7cmのフローライト屈折が登場しました。これらは徐々にフローライトブームが再び巻き起こってくる兆候なのかも知れませんが、もしそのようなことになればやはり火付け役はタカハシということになります。

    一方、ED屈折ですが、これは最近では素材競争という感じがします。2枚玉、3枚玉、4枚玉など光学レイアウトは様々ですが、いずれも日本ではSDと表現されることもある、オハラs-FPL53や、FPL53と言った最高級ED素材を使っているかどうかが、勝負のポイントとなっている様に感じます。これは、国産、中国製いずれにも言えますが、確かに性能的にはどんどん向上しているのは確かだと思います。しかしその度に値段も向上してゆくのが気がかりなところでもあります。いまや、屈折望遠鏡も行き着くとこりまで行き着いた感があり、逆に昔のものが恋しくなることさえありますね。

    その意味も含めて今回のオーナー様の65mmフローライト屈折のレストアは歴史的に見ても大変素晴らしいことだと思います。もし実用的に使えるレベルまで復活したら、この手の物は今やとても貴重なものとなると思います。

  4. スタパオーナー のコメント:

    小澤さま

    私個人としてはフローライトであろうとEDであろうと素材にはあまり拘りはないです。
    良く見えればそれで満足なんです。

    今回はたまたま市の「燃やせないゴミ」の袋に入れられて、捨てられる直前の望遠鏡を「捨てるなら頂戴します」と引き取ったのが縁です。
    壊れた望遠鏡を見ると、直さずにはいられない性分が身についてしまったもので・・・

    以前、某大手光学メーカのレンズ設計者のお話しを聞く機会があったのですが、
    曰く、フローライトは自然の物なので品質管理が極めて難しく扱いづらいもので、
    設計値どおりに作ってもどうしても性能のばらつきが出てしまうことが多い。
    EDレンズのほうがばらつきが出ないのでトータルで見ると、EDレンズのほうがお奨めなのだが
    特に日本人はフローライトをありがたがる傾向が強いので困ったものだ・・・
    ということでした。

    どうも天文業界はカメラレンズ以上にフローライト信者が多いような気がします。
    重箱の隅をつつくのが大好きなごく一部のマニアに煽られて、無理矢理品質管理を厳しくして(=素材メーカーを泣かせて)、やたらと高価な物を作って・・というのも楽しいことなのかも知れません。(もちろん私には理解できないですが・・・)
    プロじゃなくて、コンテスト入賞を狙う気もない私としては、6cmフローライトよりC-9のほうが好きですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です