スーパームーンとミニマムムーン

今日はときおり雪のちらつく曇り空でした。

でも夜になると晴れて、満月を少し過ぎた丸い月を見ることができました。

実は昨日のスーパームーンよりもさらに近地点に近いところにいるので、さらに(少なくとも縦方向は)大きいのです。

ところで昨日撮影したスーパームーンと、今年6月に撮影したミニマムムーン(こういった言葉があるのかどうかは怪しいのですが、遠地点付近にいる時の満月をとりあえずこう呼びます)の写真を並べてみました。

視直径は約14%の違いがあるのですが、こうして並べてみると予想外に違いがあることがわかります。(もちろん同じ光学系で撮影して同じサイズに切り出したものです。)

でもこのくらいの違いはかなり微妙で、特に空高く昇ってしまうとあまりスケール感がつかめないので、言われなければ気付かないレベルかも知れません。

この大きさの違いは10円硬貨と500円硬貨の大きさの違いにほぼ等しいそうです。

スタパオーナー について

たくさんのかたに星空の美しさ、楽しさを知って頂きたくて、天体観測のできるペンションを開業しました。
カテゴリー: 天文関係, 月・惑星 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です