会心の土星・木星

今日も夏らしい天候(=昼間晴れて夜曇る・・・)

さて一昨日(7/17)の晩は梅雨明けで良く晴れてくれたのですが、セレストロンC90ほか小口径望遠鏡で遊んだあと、シーイングが良さそうだったので40cm望遠鏡で惑星の撮影。

40cm望遠鏡で土星を見ると、年に一度出会えるかどうかの好シーイングで、ワクワクしながら撮影しました。

40cm望遠鏡で撮影した写真としてはまだまだの感はあるのですが、スタパが撮影した土星としては恐らく過去ベストです。

これまで納得の行かない画像が多かったのですが、これは私の腕のせいではなく、当地のシーイングの悪さが原因だった事がよく分かりました。

今回ほど撮影中に揺らぎが小さくキレイに見えていたことが無かったので、もしや? と思った訳です。

そして木星。

こちらも過去ベストです。

大赤斑が見えているもう少し前の時刻に撮影しなかったのが悔やまれます。

まあシーイングさえ良ければまた撮れる機会もあるでしょう。

昨日、今日と雲に邪魔をされているのですが3夜連続で月の写真も撮影していますのでアップしておきます。

7月17日

7月18日

7月19日(今晩)

月のクレーターを楽しむのに、とても見やすい3晩の月です。

スタパオーナー について

たくさんのかたに星空の美しさ、楽しさを知って頂きたくて、天体観測のできるペンションを開業しました。
カテゴリー: 月・惑星 パーマリンク

会心の土星・木星 への9件のフィードバック

  1. ブルース のコメント:

    スタパオーナー様

     写真ですが、早速拝見させて頂きました。

     木星と土星共に過去ベストの事。
     おめでとうございます。
     
     写真で好シーイングでベスト。
     40cm肉眼でもベストだったのでしょうか?

     なお、自分もシーイングの見分けがつくようには、なってきました。
     夏至の翌日の6月22日の夜と、7月17日の夜が、好シーイングでした。
     
     自分も好シーイングを狙い、こだわるようですが、カッシーニ溝は見たいと思います。

     小澤利晴さんが書かれていましたが、輪の傾きも小さくなっていると。
     2025年が輪の消失ですし。

  2. ブルース のコメント:

    追伸 

     以前にも書きましたが、隣町の天文台にも同じ40cmがあります。

     ここまで素晴らしい画像なら、ポルタⅡ A80Mfで納得したら、天文台に行ってみようかと思います。

  3. 小澤利晴 のコメント:

    HSTの写真を彷彿させる素晴らしいイメージですね。さすがです。

    土星の方は以前に32cmドブソニアンで見たイメージに近い感じです。もちろん大きさはこの写真の1/10くらいです。

    木星は、眼視ではとても経験できない像ですね。
    シーイングと40cmの口径が噛み合った素晴らしい映像です。

    仕事に行く前にこのような写真を見せていただけると、さあ、頑張って行こうと言う気持ちになります。

  4. スタパオーナー のコメント:

    ブルースさま
    肉眼で見ても素晴らしい見え味でした。
    小口径、屈折、平地だとこちらの環境よりも遙かに好シーイングに出会える確率が高いと思います。
    お近くの公開天文台で見せてもらうことも強くお奨めします。
    大口径でこんなふうに見えるというのを学習すると、小口径でも以前より細かいところが見えるようになるという話が古い天文書に紹介されていました。

    とは言え時節がらお身体はどうぞお大切に・・・

  5. スタパオーナー のコメント:

    小澤さま
    お褒め頂きありがとうございます。
    HSTのようというのはさすがに褒めすぎだという気がしますが、私自身の今後の指標にな一枚です。
    今後も研鑽に励みたいと思います。

  6. T-Studio のコメント:

    オーナー様

    良い写真が撮れましたね。
    過去ベストおめでとうございます。

    日本で高倍率の撮影はシーイングとの戦いなので対策できる機能とかができるといいのにな。。と常々感じています。(大口径だとなおさら影響ありますね。監視カメラの画像処理エンジンに搭載されている陽炎抑止機能などはもしかしたら天体のシーイングキャンセラーにも有用かもしれません。天体用のカメラにも天体用に特化した画像処理エンジンが搭載されてほしいな。。と感じています。)

  7. スタパオーナー のコメント:

    T-Studioさま
    ありがとうございます。
    これまでまともな画像がなかなか撮れなかったのがシーイングの影響であることがはっきり分かってスッキリしました。
    当地はやはりシーイングの良い日が少ない、惑星観測には不向きな場所のようです。
    陽炎抑止機能が開発されているのですね。
    すばる望遠鏡のように鏡面形状を変化させてメカ的にシーイングキャンセルする方法くらいしか思いつきませんが、ソフト的に対応するのでしょうか?
    画像ごとに良否を判断するのではなく、人間の眼のように良く写っている場所を部分的に選んで合成して行くようにAIが進化したら面白いですね。

  8. T-Studio のコメント:

    オーナー様

    このリンクがわかりやすいかもしれません。
    https://www.youtube.com/watch?v=fJ7VXmTYFL4

    監視カメラは超望遠で地上の風景を監視することを主眼に開発されているので視認性を向上させる画像処理機能が複数搭載されていますね。

    私が所有するカメラにも幾つか同様の機能が搭載されていますが、幾つかの機能は天体観望にも有用に感じています。

  9. スタパオーナー のコメント:

    T-Studioさま

    凄いですね陽炎軽減はソフト的に処理しているのですね。
    天体用にも普及すると良いですね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください