ガリレオ望遠鏡の謎(ミステリー)2

実験科学の父と言われるガリレオさんが、100本以上も望遠鏡を制作
していながら、ケプラー式のレンズの組み合わせを考案しなかったのは
謎である・・・というのが私の長年の疑問だったわけです。

ガリレオさんが今日では誰も見向きもしないレンズの組み合わせに
こだわっていたのか・・・

スコープタウン製の「ガリレオ式望遠鏡」で遊んでいるうちに、
ガリレオ式が当時としては最高の性能が出しうる組み合わせ
だったのではないかと思えてきました。

今日、ガリレオ式望遠鏡というのは

倍率を高くしようとすると極端に視界が狭くなること
位置測定用の目盛り線を組み込むことができないこと

などから、低倍率のオペラグラスか、安物のおもちゃレベルの粗悪品
くらいのものしか作られていません。

090629bino

唯一、例外で笠井トレーディングのワイドビノという商品があることは
ありますが、かなりマニアックなものです。(もちろんスタパにはあります。)
(最近ではテレコンビノといわれるマニア向けの商品も見かけます。)

話しがそれました。

まず、ガリレオさんがこだわったのは正立像であったことではないかと思います。

ガリレオさんの伝記を読みますと公私ともにかなり苦労をされたらしいことを
伺い知ることができます。

結構お金の掛かる家族がいて、資金繰りに走り回ることが多かったようで、
望遠鏡の販売がその資金源になっていたことが推測されます。

ガリレオ印の望遠鏡というのは当時、高性能であることが知れ渡っていて
貴族にはよく売れたのではないかと思います。

素人の貴族に売るのに、倒立像では受けが悪かったと思えるわけです。

今日でこそケプラー式の光学系に正立レンズやプリズムを入れて見える
ようにすることは簡単ですが、精度の低いレンズしかできない時代では
余計なレンズを入れることにより、像が著しく悪化するので実用的で
なかったと思えます。

そんなわけで、ガリレオさんがガリレオ式光学系にこだわった理由の
第一が正立像が単純な光学系で得られるためではないかと思うのです。

第二の理由は意外に視界が広いということです。(意外と思われるかも
知れませんがしばらくお付き合い下さい。)

スコープテックの「ガリレオ式望遠鏡」の紹介をしたときにも書きましたが、
初めにこの望遠鏡を覗くとあまりに視野が狭いことに驚かされます。

090629garireo1

覗くと筒の向こうの方に小さな光点があり、良く見るとその中に景色が
見えるという訳です。

この状態では20倍の倍率でも月の一部分(半分以下)しか見ることができません。

でもしばらく見ていると(前にも書きましたが)、望遠鏡を固定したまま眼の
位置を動かすことにより(壁の穴から外を見るような感じで)初めに見えた
中心以外の外側も見ることがで