クローズアップレンズから完全無改造でレデューサーを作る その3

今日は曇りのち雨です

スタパの玄関脇に露地植えしていたノースポールが冬越えをしてようやく花を着けました

さて無改造で組み上げたクローズアップレンズレデューサー、シュミカセのLX200-20(F6.3)との相性もまずまずだったのに気を良くして他の鏡筒でも使えないかといろいろ試してみました

まずはケンコーのSE120S(D120/f600mm)にシュミカセで使用していたまま50.8mmスリーブをかいして取り付けたのですが鏡筒長が長すぎてドロチューブが一番内側でも合焦しませんでした

そこでレデューサー → センサー 間の距離を短くするため50.8→31.7の変換アダプターを背の高いタカハシ製から一般タイプに変更したところうまくフォーカスが出ました

縮小率は0.65倍程度で、F5のSE120SがF3.3程度になりそうです

気を良くしてD80/f800mmのアポ鏡筒でも確認したところ合焦可能でした

oplus_34

さらにビクセンポルタのA80Mfでも合焦可能です

勢いで15cmニュートンのビクセンR150Sで試したのですが・・・

残念ながらどうやってもフォーカスが出ませんでした

R150Sは合焦範囲が狭いのでコマコレクター的に縮小率の小さな使い方しかできないようです

とは言え屈折やシュミカセで0.65倍程度のレデューサーをメーカー品を使用しなくても市販の部品の寄せ集めで何とかできてしまうのはありがたいです

カテゴリー: 天文関係, 望遠鏡・機材 | コメントする

クローズアップレンズから完全無改造でレデューサーを作る その2

今日は晴れのち曇り

気温はとても高く、ツクシがニョキニョキでした

さて先日組み上げたクローズアップレンズレデューサーをLX200-20(F6.3)と組合わせて天体の撮影をしてみました

シーイングが悪く月明かりも春霞もあって少し寝ぼけた画像になってしまいました

また月明かりのためか背景に少しムラがあります

下は13日に撮影した同じ天体(M13)です

写野はほぼ同等ですがコントラストやシャープさがかなり違います

同一夜の比較で無いので細かい判断は再検証が必要ですが、周辺の星像は純正レデューサーよりも優れているように感じますし、輝星のハロなども出にくいように感じます

コントラストやシャープさ、背景のムラなど同一夜で追って撮り較べしたいと思います

カテゴリー: 天体写真, 天文関係, 望遠鏡・機材 | コメントする

LX200-20用バーティノフマスクを作る

今日は風が強く気温が低めでしたが良い天気でした

かなり月が明るくなってきました

宵の口はシーイングが激しかったのですが、SharpCapでスタックしたらそこそこ見られる画像になりました(もう一枚撮りには戻れない・・・)

さて先日LX200-20用の「ナンチャってフォーカス調整用マスク」を作ってうまく行かなかったという話を書いたのですが、友人がそれを見かねてちゃんとしたバーティノフマスクを作ってくれました

送ってくれたのはPP板のマスクが切り抜かれたシートだったので銀マットを細く切り枠を作って鏡筒の先端に嵌め込めるようにしました

鏡筒の内側にスッポリ嵌め込めるようにしたのは鏡筒に巻付け式フードを付けたままマスクの着脱が気軽にできるようにするためです

シュミカセは鏡筒の向きによってすぐにピントがずれてしまうので気軽にフォーカス調整ができるようにするためです

今夜は良い天気でしたので早速フィールドでテスト

輝星では見事なパターンが出てイイ感じでピント調整ができるようになりました

hosoさん どうもありがとうございました

カテゴリー: 天文関係, 望遠鏡・機材 | 1件のコメント

スタパの自動導入赤道儀 その1

今日は曇り一時雨の天候

3年前までスタパには自動導入ができる望遠鏡は天文ドームの40cm望遠鏡しかありませんでした

以前の自動導入望遠鏡は赤道儀にプラスしてモーターとマイクロコンピューターを内蔵したコントローラーがセットになっていたため、かなり高価なものが多かったのです

最近になってスマホやノートPCが高性能になってきたのでコントローラーの機能をそれらに任せ省いてしまう(=より安価にできる)製品が多くなってきました

またこの自動導入機にCMOSカメラとプレートソルビング機能の組合せることにより望遠鏡が目標の天体を自律的に導入してくれるようになって、架台や設置の精度が高くなくても良くなってきました

そんな事もあって気がついたらこの3年のあいだに40cm望遠鏡以外で自動導入赤道儀が3台になっていました

手前左側: AZ-GTi(赤道儀仕様) 搭載目安重量2~3kg

中 程 : GP赤道儀(Onstep化) 搭載目安重量4~5kg

右 奥 : AM5赤道儀 搭載目安重量10kg前後

この3機種、いずれもコントローラーが無くPCまたはASIAIR(望遠鏡制御専用のminiPC)+スマホで制御します

専用のアプリが必要なので気楽に貸出はできないのですが、普段ご自宅で同等品を使用されている方なら、ご自分のPCやスマホ(タブレット)を持ち込んで頂ければ重い機材を運ばなくても貸出可能です(セキュリティ対策のためPCやタブレットの貸し出しはできないのでご理解ください)

従来の手動式経緯台や一軸モータードライブの付いた赤道儀と比べるとお手軽さという面では劣るのですが、一度セッティング(慣れれば10~15分で)できてしまえばあとはサクサク目標の天体が導入できるので便利です

しかも電視観望と組み合わせれば目に見えないような天体もすぐに画面上で見られるようになるので病みつきになります

既にこのブログでは上記3機種は何度も登場しているのですが、スタパの自動導入赤道儀がなぜこの3機種に落ち着いたのかも含め何回かに分けて改めて紹介したいと思います

カテゴリー: 天文関係, 望遠鏡・機材 | コメントする

クローズアップレンズから完全無改造でレデューサーを作る

今日は晴れのち曇り

薄明終了まではキレイに月が見えていたのですが・・・・

さてここのところ出番の多いLX200-20(F6.3)(シュミカセD203/f1280)、補正レンズも鏡筒もピカピカで眺めているだけでちょっとワクッとします

3月からこの鏡筒に純正の0.63倍レデューサーを装着して撮影しているのですが、友人からケンコーのアクロマート式クローズアップレンズを組み合わせると純正よりも像が良くなるらしい(特に周辺像が)、という情報をもらったので手持ちの部品で対応できないか検討してみることにしました

ネットで検索するとかなり前からたくさんの方がいろいろな組合せで実用化されていてなかなか成績が良いようです

ジャンクBOXを漁っていたら何とズバリ、ケンコーのアクロマート式クローズアップレンズNo2とNo3(いずれも52mm径)がでてきました

手持ちのボーグのリングを組み合わせてみたら・・、何とシンデレラフィット!!

鏡筒側から シュミカセネジ→M42アダプター ボーグM42→M57(7528) ボーグM57→M52(7405) No3レンズ No2レンズ ボーグ2”アダプタ-L(7509) 2”→31.7アダプタ-(タカハシ製) という構成です

全ての部品をただねじ込んで組み合わせるだけの超お手軽自作(自作と言えるのかどうか?)です

これだけ部品が都合良く出てきてしまうスタパのジャンクBOXも大概ではない気もしますが・・・

レデューサーからカメラまでの距離を変えたり、レデューサーを1枚にしたりといろいろな組合せを試しました

どうも上記の組合せだと縮小率が0.6倍くらいになるのでLX200-20(F6.3)と組合わせると焦点距離が800mmを割り、F4.0を下回りそうな勢いです

ただし接眼部側が少し長くなりすぎAM5赤道儀の三脚との干渉が懸念されたのでもう少し短いバージョンを組んでみました

レデューサーのあとの2”アダプターをSSタイプとSタイプの2個を組み合わせました

これだとほぼピタリF4になりそうです

ということで今夜は早速テスト撮影・・と準備したのですが、薄明終了にはスッカリ曇ってしまいました・・・

周辺までキレイな画像が得られるのか、ゴーストやフレアは出ないのかなど早くテストしたいです

カテゴリー: 天文関係, 月・惑星, 望遠鏡・機材 | 2件のコメント

今日もSharpCapで月を撮る

今日は日中薄曇り、宵の口に少し晴れて深夜は雨になりました

宵の口の晴れ間で今日も月を撮ってみました

撮影機材は昨日紹介したウイリアムオプティクスのZenistar66SD(D66/f388mm)+ASI678MCの光学系をビクセンSP赤道儀ベースの片持ちフォ-ク式赤道儀です

これをSharpCapでスタックします

画面上で拡大して処理のパラメーターを変更しながら良さげなイメージになるよう調整します

今日は380枚ほどスタックしてみました

上は撮って出しの等倍切出しです

このままでも良い感じですが少しだけお化粧して・・・

どちらが良いかは好みの分かれるところかと・・・・

こちらはスタック無しの1枚撮りに少し処理をしたもの

これ見ると1枚撮りには戻れないかな・・と思ってしまいます

カテゴリー: 天体写真, 天文関係, 月・惑星, 望遠鏡・機材 | コメントする

月の撮影システムを見直す

今日は薄曇りの一日

夜はおぼろ月で一等星がかろうじて見える天候でした

さてここ数年、できる範囲で毎日見える月の撮影をしてきたのがこちら

タカハシ製FC65(D65/f500mm)の直焦にm4/3のカメラ(ここ1年はOM-1)+ケンコースカイメモS赤道儀仕様です

一枚撮りで月を撮るのには可も無く不可も無くといったお手軽仕様と言えます

だだし最近になってCMOSカメラの画像をSharpCapで撮像することによりさらに良い画像が得られることが分かってしまいました

昨年入手した高精細の惑星用カメラ(ASI678MC)も惑星がシーズンオフの時期は出番が無いので活用したい・・・

ということで組み上げたのがこちら

ウイリアムオプティクスのZenistar66SD(D66/f388mm)+ASI678MCの光学系をビクセンSP赤道儀ベースの片持ちフォ-ク式赤道儀です

バランスウエイトレスなので取り回しがとても楽です

月の直焦撮影をASI678MCで撮影するのには、センサーサイズが焦点距離388mmでちょうど良いです(500mmだと少しキツキツで運用しづらいです)

このシステムで今日写したのがこちら

冒頭のOM-1での一枚撮りと大きな違いがわかると思います

特に今夜のようなおぼろ月ではPC上でスタックすることによりコントラストが飛躍的に高くなり差が大きくなるようです

望遠鏡と一緒にPCも持ち出さないといけないので少し面倒ですが画像の出来上がりをみるとその価値はありそうです

カテゴリー: 天体写真, 天文関係, 月・惑星, 望遠鏡・機材 | コメントする

春霞の季節

今日もスタパ周辺は良い天気です

だいぶ暖かくなり、今年はもうまとまった雪は降らないのではないかという予想の元、恒例のタイヤ交換をしました

天気が良く暖かいのは良いのですが作業をしていると汗がダラダラという気候です

この時期晴れてはいても気温が高くなると空は白く霞んだ状態になります(花粉も多いのですよね・・・)

霞んでいるくらいの方が気流の流れが穏やかなため月はきれいに見えます

でもそのぶん暗い星雲など深宇宙の撮影ではコントラストが下がりがちです

こんな日はお月見に徹するのも良いかも知れません

カテゴリー: 天文関係, 星空, 月・惑星 | コメントする

20cmシュミカセ用フォーカス調整マスクを作る その2

今日は薄曇りのち夜はまあまあの晴れです

先日アメリカで皆既日食を起こした月がもう夕方の高い空に見えるようになっています

さて先日試作した20cmシュミカセ用フォーカス調整マスク、使い勝手などの確認確認と、補正レンズ清掃後の光軸調整などのためAM5赤道儀に載せて出動です

AM5赤道儀委載せたLX200-20(F6.3)、30cmほどのフードを付けさらに銀巻き状態になるとかなりの存在感ですね

光軸再調整後調整用マスクでピント合わせ

う~ン・・・、明るい星を使ってもどうもいまいちピントの山が掴みにくいです

素直にASIAIRのフォーカス調整支援機能を精度が良さそうです
(やっぱりバーティノフマスク作らなきゃダメかなぁ~・・・)

とは言いつつAM5赤道儀では高精度なオートガイドもできるようになっているので120秒露光でスタックを欠けて行く長時間露光撮影でM天体を幾つか撮りました

まずはりょうけん座の銀河M63(通称ひまわり銀河)

20cmだけあって銀河の構造が分かる解像度に写りました

次は超定番、ヘルクレス座の大型球状星団M13

星の大集団で塊感が良くでていると思います

もう一つ球状星団、ヘビ座のM5

こちらは中央の密集と淡い広がりが特徴です

最後はこと座の惑星状星雲M57(リング状星雲)

たっぷり露光を掛けた天体写真を撮影しているとあっという間に次の季節の星座が昇ってきて、すぐに朝になってしまいあまりたくさんの天体を撮影できないのがもどかしいです

ひとつの天体を何時間も掛けて撮影するのは私のようにせっかちな人間には難しいのかも知れません

カテゴリー: 天体写真, 天文関係, 月・惑星, 望遠鏡・機材 | 3件のコメント

お花見ツアー2024 その4

今日も終日好天に恵まれました

スタパ周辺は風も穏やかでポカポカ陽気です

おかげで桜前線が一気に駆け登ってきて周辺の桜の名所もかなり見頃になりました

連日の庭仕事で少し疲れたので今日はスタパ周辺の桜巡りをしました

まずは大泉町内一番の名所谷戸城公園

城山のかなりの部分が桜に覆われ、ここからの八ヶ岳や南アルプスの眺めは格別です

つぎは北杜市内でも有数の桜の名所、青春芸術村

古い小学校の跡地にある美術館周辺にたくさんの桜があり趣のある建物と共に景観が楽しめます

そして北杜市内では隠れた桜の名所、蕪の桜並木

北杜市内の桜並木としてハイジの村前の並木と眞原の桜並木が有名ですが、スタパとしてはここが一押し

桜の数としては上記二箇所のほうが多いですが、ロケーションの良さはダントツ

大麦畑とのコントラストや、日本百名山のうちの7つが見渡せて何とも気持ちのよい場所です

桜の時期は並木の外れにある公民館に車が停められ、トイレも貸してもらえるようです

今日回った3箇所はいずれも満開、あと2~3日が一番の見頃だと思います

遠くに出かけなくてもスタパの周辺は充分すぎるほど花見が楽しめるのです

カテゴリー: 八ヶ岳の生活, 自然 | コメントする