ED75-300mmを入手した その2

今日も終日良い天気でした。

さて購入したOLYMPUSの望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED75-300mm f4.8-6.7Ⅱ」を少し使って見ました。

まずはどのくらい望遠なのかを見るため風景写真。

下はベースとなるスマホによる風景。(35mm換算28mmくらいかな)

でもって75-300mmの広角端(換算150mm)。

このくらいだと、まだ「ああここを拡大したのね・・」という感じで分かりますが、これが300mm(換算600mm)になると・・

山だけが写るという感じです。

遠いということもあるのですが少し寝ぼけた感じです。

手元にあるアポクロマートの屈折望遠鏡(330mm)で撮影したのがこちら、、

こちらも少しねぼけていますがそれでもED75-300mmよりはキレが良い感じです。

というわけで今夜の月をこのED75-300mmで撮ってみました。

カメラレンズにしてはまあまあ撮れているかな・・・といった感じ。

上はトリミングしていますが全画角では下のような大きさに写ります。

下はいつものタカハシFC65(D65/f500)での月。

今夜は強烈にシーイングが悪いのであまり違いがわかりにくいですが、やはり口径65mmの望遠鏡と比べるのは無理がありますかね。

まあ解像度は望遠鏡に劣りますが色収差も充分抑えられているし、何よりオートフォーカスで手ぶれ補正も効くしコンパクトなので住む世界が違うと割り切れば充分な性能だと思います。

カテゴリー: 天文関係, 月・惑星, 望遠鏡・機材 | コメントする

ED75-300mmを入手

今日は良い天気の一日。

今夜も丸い月が明るかったです。

さて表題にもあるようにOLYMPUSの望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED75-300mm f4.8-6.7Ⅱ」を購入しました。

このレンズ少しF値は暗めですが、35mm換算で焦点距離150mm~600mmの超望遠レンズです。

第一印象は「驚くほど小さくて軽い」でした。

手持ちの望遠鏡レンズと較べても・・・

左からED75-300mm、ED 14-150mm (F4.0-5.6)、45-200mm(F4.5-5.6/Lumix) ですがそれほど大きいという感じがしないです。

さすがにフード(例によって別売)を付けて望遠端に合わせるとそれなりの存在感になりますが、これで600mmと思うと可愛らしいものです。

レンズ単体は422グラムでフードを付けた状態でOM-1に取付けても総重量が1kgに満たないので気楽に持ち出せそうです。

解像度や表現力の面では高級レンズには及びませんが、実質(ポイントなど加味すると)3万円ほどで入手できることを考えると凄くお買い得なレンズだと思います。

カテゴリー: 望遠鏡・機材, 趣味 | コメントする

Affinity Photo2を使ってみた その3

今日は日中曇りときどき雨でしたが夜は晴れました。

満月2日前でさすがに月が明るいです。

そのうえ影が無くなるほど高く昇るので、思わず散歩がしたくなるほどです。

さて先日導入したAffinity Photo2、少しずつ練習しながら使い込んでいます。

わりと入手しやすい買い切りのアプリですが、かなり高機能で使いやすいです。

フォトショが使えるようになったら良いなとPhotoshop Elementsを使っていたこともあるのですが、どうも合わなくて挫折していた私ですが、Affinity Photo2はわりと直感的に使えている気がします。

また立ち上がりや処理のスピードも早くてストレスが少ないのも気に入っています。

まだRAW現像のところで試行錯誤しているところですが、無料アプリでの現像よりかなり表現力が上がった気がします。

上は11/2-3に撮影したものですがAffinity Photo2では微光星がたくさん表現できているのに明るい部分の描写も飛ばずに自然になっています。

こちらも従来に較べAffinity Photo2の方が天の川がハッキリ表現できています。

この辺の処理は好みの問題もあるのですが、アプリを換えただけで写真や画像処理がうまくなった気になってしまいます。(フォトショやライトルームとかを使いこなしている人というのこれがもっとうまくできるから高い課金を払っても使うのかな? と少し分かった気がします。)

ところで上の2枚の写真を並べてその上に文字を入れる処理はAffinity Photo2と同時に入手したAffinity Designer2を使用しています。

こちらもわりと直感的に使えます。

これまで一太郎・花子のオマケアプリである花子フォトレタッチを使っていたのですが、同じような使用感ながらズッと高機能なのでこのアプリに移行して行こうと思っています。

カテゴリー: 天体写真, 天文関係 | コメントする

ASI585MCがやって来た その2

今日は曇りのち雨の天候。

12月だというのに今ひとつの天候です・・・

さて新しいCMOSカメラ、ASI585MCを早速使って見ました。

使えるようになるまでPCの設定で少しバタバタしたのですが、一昨日の夜にファ-ストライトがなんとかできました。

といってもとりあえず40cm望遠鏡の主焦点に取付けオリオン大星雲(M42)のトラペジウム付近を写してみました。

1秒露光129スタック(ゲイン350)です。

ひどいシーイングだったので星像が肥大していますが何とかスタックできています。

従来から使用しているNeptune-CⅡとの比較をしてみます。

ほぼ同様の1秒露光128スタック(ゲイン350)です。

ゲインの設定や発色などは各社味付けが異なるので同列で比較できないのかも知れませんが、ASI585MCの方が微妙に階調が豊かになっている感じがします。

センサーサイズ1/1.2”と1/1.8”の差は想像以上で写野面積ではほぼ2倍の違いがあり、広いぶん導入などもしやすいです。

ピクセルサイズはどちらも2.9μmで同じですがASI585MCは3840×2160あるので2×2のビニング処理をしても1920×1080の2K画像が得られるので、観察会などでは感度面でも大きく有利になるように思います。

今後いろいろ活用したいと思います。

カテゴリー: 天体写真, 天文関係, 望遠鏡・機材 | コメントする

ASI585MCがやって来た その1

今日はまたもや晴れのち曇り。

さて表題の通りスタパに新しいCMOSカメラ、ZWO社のASI585MCがやって来ました。

現状スタパにはメインで使っているCMOSカメラは同社のASI533MCとプレイヤーワン社のNeptune-CⅡなのですが、ASI533MCの方はスタパの定番観察会で天文ドームに常用セッティングしているし、Neptune-CⅡは惑星用として活躍してくれています。

プレイヤーワン社でも同様のソニーセンサーを使用した製品が出ていて少しだけ迷いましたが、ZWO社の新型赤道儀AM5も導入したことだしZWO縛りのASIAIRも使いたいしといろいろ考え導入の運びとなりました。

箱の中身は到ってシンプルで、本体、31.7mmアダプター、USB3ケーブル、ガイドケーブル、キャップ類と説明書のみです。

まあ必要十分なのですが、とりあえず使い始めるためにはUV/IRカットフィルターが別途必要になります。(いきなり都会での電視観察なら代わりにQBPフィルターが必要ですね。)

でもっていきなりPCに接続して画像取り込み用アプリ(SharpCap)を立ち上げたのですが、認識しない・・・

カメラの新しいドライバーが必要なようで、ZWO社のサイトから最新版をダウンロードしたら認識して正常に動作が可能になりました。

Neptune-CⅡと惑星の撮り較べでもしようかと惑星撮像アプリ(FireCaptur)を立ち上げたらまたもやASI585MCを認識してくれません・・・・

しかたがないのでとりあえずNeptune-CⅡで昨日の火星です。

最接近直後ですがシーイングがかなり悪く赤外画像で何とか模様が写ったという感じです。

調べたらFireCapturもバージョンが古かったようで最新版をインストールしたらASI585MCを認識してくれました。

でもダウンロードに1時間以上掛かりインストールが終わった頃には曇ってしまった・・・・

やっぱ新しい機材が来たら昼間のうちに動作確認するべきですよね・・・
(ワカッチャイルノダガ・・・)

カテゴリー: 天文関係, 月・惑星, 望遠鏡・機材 | コメントする

冬のイベント

今日は晴れの一日。

天気予報では19時くらいから曇りの予報だったので観察会を早めに始めたのですが、結局22時過ぎまで良い天気でした。

さて今年の冬もスターラウンド八ヶ岳のウインターイベントが始まります。

12月24日からは毎週土曜日はサンメドウズ清里スキー場の山頂で星空鑑賞会が開催されます。

スタパの観察会とは微妙に時間がずれているので、スタパに宿泊の方は両方に参加が可能です。(スタパもお手伝いに出動するので、送迎できる場合もあります。)

上の写真は月刊「星ナビ」1月号(下)に掲載の宣伝広告ですが、シルエットで写っているのはスタパです。

ちなみにこの「星ナビ」1月号にはもう一箇所スタパが登場します。

文字だけですがどこに載っているか、興味がある方は(たぶんいないでしょうが)探してみて下さい。

文字だけの登場でも1冊の星ナビに2回登場出来たのは地味に嬉しいです・・・

シーイングが悪かったのですが今夜も月の写真が撮れました。

カテゴリー: その他星関連, 天文関係, 月・惑星 | 1件のコメント

薪スト点火de模様替え

今日は晴れのち曇り。

ええ、薄明終了までは良い天気だったのですよ・・・・

さて昨日点火に失敗した薪ストを正常に点火するため今日は真面目に煙突掃除です。

そして無事点火成功!

そして薪スト点火前は薪スト周辺に望遠鏡がいっぱい。

望遠鏡に薪ストの熱はよろしくないので大幅に移動。

ウーン、、スッキリ!

でもって移動した望遠鏡はダイニングの対角線側のこちらに・・・

ウーン、、ゴッチャリ・・・・

それでも置ききらないのはプレイルームに避難です。

今年の冬はこのレイアウトで過ごしたいと思います。

さて今夜も薄明終了までは良い天気だったので月を撮ることができました。

わりと気流が良くなかなか見応えのある月でした。

カテゴリー: ペンション案内, 八ヶ岳の生活, 天文関係, 月・惑星, 望遠鏡・機材 | コメントする

薪スト点火失敗!! ヤッチマッタナ・・・

今日は曇りのち遅くなって晴れ。

昨日までの暖かさが嘘のようにギュッと寒くなりました。

いつもなら11月中旬には薪ストーブを点火し始めるのですが、ここまでの暖冬で今日になって慌てて点火・・・・

でもなぜか煙が煙突に抜けずに室内に・・・・

そういえば夏のあいだスズメがセッセと巣作りをしていたっけ・・・・

まさに今流行の「すずめの戸締まり」・・・(ちょっと違うか?)

本気で燃えだす前だったので何とか消火、火災報知器が稼働しなくて良かった。。。

それでも全館燻された匂いがしばらく残りそうです。

明日は朝から煙突掃除かな・・?

今夜は22時過ぎて雲が薄くなり何とか月の撮影に間に合いました。

予報はそれほど悪くなかったのにこの季節になっても悪い方に外れるのが多いのはなぜだ・・・

カテゴリー: 八ヶ岳の生活, 天文関係, 月・惑星 | コメントする

Affinity Photo2を使ってみた その2

今日日中はとても暖かく暗い曇り空でしたが日没後に雲が切れ始め、薄明終了後は何とか晴れになりました。

ただとてもシーイングが悪く、雲にも邪魔をされてボケボケの月になりました。

上は昨日紹介したAffinity Photo2でRAWから処理したものですが、従来のお手軽処理だと頑張っても下のような絵になります。

上の写真の方が随分マシなことがわかると思います。

Affinity Photo2、なかなか優れものです。

月はありましたが観察会ではゲストにご覧頂く傍らでこんな画像を・・

いつもの(?)ステライメージで処理していますが、Affinity Photo2でもそこそこfitsデータから処理ができる事が分かりました。

ステライメージで下処理した画像をさらに磨くのにも使えそうです。

カテゴリー: その他星関連, 天文関係, 月・惑星 | コメントする

Affinity Photo2を使ってみた

今日は曇りのち雨の天候。

引き続き安定しない天候です。

先に導入したAffinityシリーズのアプリ。

とりあえずAffinity Photo2(フォトショ代替)を使って見ることにしました。

Affinity Photo2はOMシステムズのOM-1のRAWデータを直に読み込んで処理をすることができます。

非常に高機能なので手探り状態ですがとりあえず11/27に撮影した月の画像処理をしてみました。

純正のアプリで現像し処理したのがこちら

これを並べると・・・(左が従来、右がAffinity Photo2で処理)

拡大しないと分からないかもですがAffinity Photo2で処理した方が階調が豊富で解像度もかなり高い感じに仕上がりました。

星景写真でも試して見ました。

上は先日(11/8)の皆既月食中に撮影した星景写真をAffinity Photo2で処理したもの、下は従来の処理・・・

これも一目瞭然ですね。(とても同じデータから出来たとは思えないほど・・)

好みの差はあるかも知れませんがAffinity Photo2の方が自然で階調豊かです。

従来の方を私がうまく使いこなせていないだけなのかも知れないのですが、ちょっと弄っただけでこんなに差が出てしまうと元には戻れませんね。

非常に高機能なのでどこまで使いこなせるかですが、当面Affinity Photo2をメインに使ってゆくことにしたいとます。

カテゴリー: その他星関連, 天文関係 | コメントする