とりあえず月

今日も良い天気です。

ここのところ月が細い新月前後より、満月前後の方が晴天率が高いような気がするのは気のせいでしょうか・・・・

今シーズンは明るい月夜が無駄に多いような気がします。

というわけで「とりビ」ならぬ「とり月」です。

カテゴリー: 天文関係, 月・惑星 | コメントする

今日も青空の一日

今日も良い天気。

でもなぜか常に所々に雲のある状態で快晴になってくれません。

写真としては少し雲があった方が絵になるのですがね。

夜も晴れているのですがときおり大きな雲が通過してゆくので、あまり落ち着いて星が観察できません。

月もだいぶ明るくなっているので良いのですが・・・

昔のように雲ひとつない日が続くことが少なくなった気がします。

カテゴリー: 天文関係, 月・惑星, 自然 | コメントする

ZTF彗星を見ました

今日も良い天気です。

ときどき雲が通過して落ち着いて観察しにくいですが、何とか話題のZTF彗星(C/2022 E3)を見ることができました。


Vixen ED102S ASI533MC ×0.6 CLSフィルター 8sec×12

北極星の近くにあってかなり明るくなっているという噂でしたが、薄雲+スキー場の影響のため
眼視では5cmファインダーでかろうじて見つけられる程度
40cm100倍ではそこそこの大きさでコマが見え核が何となく緑色に見える気がする程度
写真はスキー場の照明の色が少しがぶっています。

まあ騒ぐほどには見えないのが彗星の常なので、写ってくれただけてもありがたいです。

カテゴリー: その他星関連, 天文関係, 月・惑星 | コメントする

寒い日が続きますね

今日は良い天気の一日。

朝起きたら真っ白な世界でしたが、日射しがあったので夕方にはだいぶ融けました。

それでも日中もほとんど氷点下で寒い一日でした。

観察会の時刻には-5℃くらいになっていたのですが、強烈に寒いと予想外の事件が起こります。

最近は特にいろいろハイテク化が進んで機器の構成が複雑になっているので問題が起こりやすい気がします。

寒いと総じて配線の被覆が硬くなり、望遠鏡の動きにつれて変な引き攣れを起こしたり、望遠鏡自身の動きが渋かったり、そして今日はなぜがドーム内にあるPCのWi-Fiが正常に働きませんでした。

今のところ致命的なトラブルではないのですが精神衛生上あまり好ましくないです。

寒いからこその好天ということもあるので痛し痒しといったところですね・・・

カテゴリー: 天文関係, 星空, 月・惑星, 自然 | コメントする

久々の雪道ドライブ

昨晩遅くから雪が降っていて、日中もパラ付いていました。

ここのところ寒くて買い物ににも出ていなかったのですが、週末はゲストがみえるので雪の中を買い物に出かけました。

ここ数年は雪が降っても少し山を下れば積もっていないことがほとんどだったのですが、今回はかなり下っても雪かあり、結局141号線に出るまで所々雪道を走りました。

スタパ周辺でこれほど広範囲に雪道だったのは本当に久々という感じがします。

カテゴリー: 八ヶ岳の生活, 自然 | コメントする

今シーズン一番の寒さです

今日は良い天候になりました。

全国的に寒いようですが、昨晩は軽く-10℃を割り、今日日中の最高気温が-5℃でした。

以前は冬になるとこれくらいの寒さはわりと普通だったはずなのですが、ここ数年すっかり暖かくなり、身も心も適応できないです。

月はまだ細いですが長時間屋外で星を見るためには相当気合いを入れないと厳しいですね。

カテゴリー: 天文関係, 星空, 月・惑星, 自然 | コメントする

ASIAIR Miniがやって来た

今日は曇りのち雪のち晴れ。

大荒れの予報でしたが、スタパ周辺は予想外に早く雲が切れてきました。

21時現在、雪は舞っているものの雲間に星が見えていました。

気温が-10℃なのでさすがに無理して星を見ようという気にはなりませんが・・・

さてスタパに新しいアイテム「ASIAIR Mini」がやって来ました。

従来からASIAIR Pro(現状のモデルPlusの一世代前)を用いて電視観察ができるようになっていますが追加購入です。

ASIAIRを使うと想像以上に電視観察が簡単で楽しいものになります。

ただ一度使用する架台・望遠鏡・メインカメラ・ガイドカメラなどを決めてASIAIRを設定してしまうと、別の架台を使用したシステムに付け替えるのは結構億劫な作業になります。

使う望遠鏡の焦点距離などは都度設定するとしても架台毎にASIAIRが欲しくなってきます。

と思っていたら昨年末くらいにZWO社がら今回のASIAIR Miniが発売されました。

価格がフルバージョンのASIAIR Plusよりかなり安くなって入手しやすいです。

Plusとの違いは12V出力端子が4個から2個になっていることと、USB端子の構成が(USB-A×2、USB-C×2)から(USB-A×4)にグレードダウンさてていることくらいで、それ以外の機能にほとんど代わりはありません。

転送スピードが遅いので超高解像度(=フルサイズ)のカメラを使わない限りはほとんど問題はなさそうです。

冷却CMOSカメラ、電動フォーカサー、フィルターローターなどフルバージョンの天体撮影用機材を使用するのででなければ、12V出力が少ないのも問題なしです。
(12V出力が無くても致命的不便さではありませんので)

これから電視観察を始めるとか、お気楽電視観察に使うとかなら必要充分な機能だと思います。

スタパでも活躍してもらおうと思います。

カテゴリー: 天文関係, 星空, 望遠鏡・機材 | コメントする

LX200-20鏡筒をAM5で使ってみた

今日は日中薄雲が多かったのですが夜になってかなり綺麗に晴れてくれました。

月の写真なども落ち着いて撮れるくらい寒さが少し緩んでくれました。(それでも-3℃くらいですが・・)

-5℃くらいまでなら何とか頑張れそうな気がしたので先日から懸案だったMEAD LX200-20から取り外した鏡筒(D203/f1260mm)をAM5赤道儀に載せての運用を試してみました。

結論から言うと本日はトラブルが幾つも発生し、ジタバタしているうちにだんだん雲が厚くなって結局心が折れて1時間半ほどで撤収となりました。

備忘録としてトラブルの内容を列記しておきます。

その1
鏡筒が重くなり加重が北側に寄ったため三脚が安定せず極軸合わせが難航した。
ストーンバッグにオモリを載せて解決するまでに30分ほど

その2
先日導入したWindowsノートでのAndroidエミュレーターでASIAIRアプリを動かすも目標の天体に架台が動こうとしない。
いろいろ確認している内にエミュレーターの時刻がPCと同期されていないことに気付く。
その場で(舞い上がっているので)時刻の変更方法が分からず、いつものAndroidタブレットに変更して解決するまで20分ほど

その3
Androidタブレットで使い始めるも電源周りが安定せず、頻繁に電源が落ちる。
架台とASIAIRの電源として容量の小さな外部バッテリー(ポタ電ではない)を使用していたが、Androidタブレット過冷却防止用のヒーターも合わせて給電したのが原因。
素直にポタ電に交換(これでも15分ほど)

その4
今回は20cm鏡筒が眼視観察、電視用は100-300mmズーム+ASI585MCだが初めての組み合わせなので両光学系の光軸を合わせるのにひと苦労・・・(10分ほど)

その5
架台を大きく動かしたり、手動操作のため配線類に触れると電源周りが不安定で、その都度立ち上げ直しを繰り返す状態。
ポタ電からの12Vプラグが適正でなくケーブルに触れると電源が落ちる場合があると判明。
ケーブルにテンションが掛からぬよう工夫(10分以上)

そんなこんなをやっているうちにわずかだった雲がだんだん厚くなって2等星くらいまでしが見えなくなってしまい、心がポキリと折れてしまいました。

まあ一度のトライで多くのバグが解決できた(はず?)ので吉としたいと思います。

カテゴリー: 天文関係, 星空, 月・惑星, 望遠鏡・機材 | コメントする

明日あたりから大荒れの天気予報ですが

天気予報では昨日くらいから下り坂で、明日あたりから大荒れで大雪になる予報が出ていましたが、今日はなぜが薄曇りの一日。

当初、明日・明後日のスタパ周辺は雪予報でしたが少し良い方向に変化し晴マークが見えてきました。

一昨日はとても良き天気だったのに・・、今年の冬はことのほか天候が安定しないような気がします。

雪予報の出ている地域では特別な注意も必要でしょうが、スタパ周辺も気温がこの冬一番の低温になりそうなので凍結などの注意は怠らないようにしたいと思います。

カテゴリー: 天文関係, 星空, 自然 | コメントする

LX200-20の鏡筒を外す 2

今日はゆっくり下り坂の天気で、薄明終了までは何とか星が見えていたのですが、20時の時点ではしっかり曇ってしまいました・・・・

LX200-20の専用架台から取り外した20cmF6.3鏡筒どうやってAM5に取り付けるか検討の結果、手持ち部品の中にアリガタ金具(L=330)があったので取付けてみました。

そのままでは鏡筒に取り付けることができず、アリガタ金具の穴をヤスリで少し広げて取り付けました。

鏡筒への取付けはインチネジ#8-7/8を用意して固定しました。

#8のネジはISOネジだとM4にかなり近いですが、20cmの鏡筒をM4ネジ2本で保持は(強度的には充分そうな気もしますが)少し心配です。

接眼側にジャンクボックスから死蔵していた汎用金具を取りだし補強に用いました。(脱落防止くらいの働きはしてくれると思います)

というわけで無事AM5に搭載ができました。

使い方によってはかなり楽しめそうなセットです。

カテゴリー: 天文関係, 望遠鏡・機材 | コメントする