スマホアダプターがたくさん

今日は降るでも降らぬでも無く何となくスッキリしない天候の一日。

機材の整理をしていたら、望遠鏡にスマホを覗かせてコリメート撮影をするためのアダプターがゾロゾロでてきました。

右がら順に
① スコープテック社K20mm(ラプトル/アトラス付属接眼レンズ)専用自作品
② 汎用スマホアダプター
③ SVBONY製スマホアダプター
④ ニュートニー(50mmニュートン反射望遠鏡)付属スマホアダプター
⑤ SVBONY製ユニバーサル(スマホ/デジカメ)カメラアダプター
⑥ 2インチ接眼用カメラアダプター

なんでこんなにあるの?といった感じですが、一長一短でなかなかこれが良い!というのが無いのです。

スマホやコンデジでコリメート撮影する場合、接眼レンズとスマホのレンズの光軸が一直線になるようにしつつ、接眼レンズごとに定められたアイレリーフ(接眼レンズ内の視野全体が見渡せるレンズ後端からの距離)の位置にスマホレンズを配置しなければいけません。

実はこれ、かなりシビアーで前後左右、平行度などミリ単位以下の制精度が求められるので、ある程度精度が確保出来るアダプターが欲しくなるのです。

⑤と⑥は主に2インチ接眼レンズなどの太い径のレンズ用でコンデジにも使える大型のものです。

ガッチリはしているのですが、その分重く、小径の接眼レンズには使えないし、小望遠鏡ではバランスが悪かったり、架台と干渉しやすかったりと使えるシーンが限られます。

①と④は使用する接眼レンズ(外径とアイレリーフ)を限定した専用設計。

専用品だけにとても使いやすいのですが、別の接眼レンズでは使い物になりません。

②は接眼レンズの太い細いに対応できるようになっているので、①・④よりは少し汎用性が高いのですが、接眼レンズにテーパーが付いていると噛み込みが弱く不安定になりやすいです。

またアイレリーフの調整もできないので、結局使える接眼レンズがとても限られてしまいます。

③は極端に太いとかテーパーがキツいと言った接眼レンズの形状で無ければわりと汎用性の高いものです。

傾向として汎用性が高くなるほど可動部分(=調整部分)が多くなり撮影できるようになるまで時間が掛かります。(昼間だと視野が明るいので光軸ズレなどが目視しながら簡単に修正できますが、天体撮影ではかなり難しいです。)

頻繁にコリメート撮影をするならば、使用する接眼レンズのアイレリーフと、使用するスマホのサイズやレンズの位置に合わせた専用のアダプターを作成するのがベストです。

できれば接眼レンズは2本用意し、導入・ピント合わせは接眼レンズ単品で行い、「スマホ+アダプター+接眼レンズ」をセットしたまま入れ替えて撮影するというスタイルが効率的・・・・というのがたくさんアダプターを所有する私の結論です。

カテゴリー: 天体写真, 望遠鏡・機材 | コメントする

お気楽電視観察スタイル

今日は夕方まで雲の多い晴れ。

庭がキレイになったのでおかみがいろいろ企んでいます。

今日はおかみ積年の目標、自家製(?)コキアの植え付けをしたようです。

数年前からコキア(ホウキグサ)をたくさん育てたいと試しているのですが、なかなかうまく行きません。

昨年うまく行かないながらも少しだけ種を落としてくれて自生した芽を大事に育てて移植しました。

赤いホウキグサになるか楽しみです。

さて昨晩のお気軽電視観察のスタイルを紹介しておきます。

先頃入手した自動導入経緯台AZ-GTiにUBUNTU(LINUX)のPCをUSB接続し、プラネタリウムアプリKstarsで制御する方式です。

光学系はセレストロンのC5(D127mm/f1250mm)+0.33RD(実質F3.6/459mm)にCMOSカメラ(QHY5LⅡ-C)を取り付けています。

先日レストアしたポータブル電源も使います。(PCも架台も3時間くらいはバテリーで稼働可能ですが念の為・・)

お気に入りの屋外用座布団も使います。(ズッと立っているのも疲れますし、気軽に膝をついて機器の操作ができるのも楽です。)

はじめに鏡筒をだいたい北の水平に向けて、電源ON、KstarsでPC接続して適当な天体にスリュー、動きが止まったら(導入できているわけが無いので)プレートソルビングを実行すれば自動導入が可能になります。

上はM57(リング星雲)を導入したところです。

予めある程度ピントを追い込んでおく必要がありますが、機嫌がよければサクサクと天体が導入できます。

今となってはかなりロートルのCMOSカメラですがそこそこ使えます。

下はM51(子持ち銀河)です。

月明かりがありましたが、わりと条件の良い時に40cm望遠鏡で眼視観察したときよりも良く見えている感じです。

電視だと星雲・銀河は小さな望遠鏡でも充分に楽しめるので、お気軽観察にはもってこいです。

散開星団や二重星はやっぱり生の光で見た方がキレイです。

UBUNTUのアプリCCDcielでスタックが可能です。

WindowsのSharpCapほど多機能ではないですがそこそこ使えます。

KstarsとCCDcielがINDYサーバー経由でひとつのCMOSカメラを共用可能なのでアプリの切換に気を使わずにそのまま使えます。

機嫌を損ねるとはじめからセッティングを強いられるのですが、少しずつご機嫌のツボを外さないコツが分かって来ました。

ASIAIR-Proを用いればさらに手軽に安定して使えるとは思うのですが、AZ-GTiと組合わせるためにはAZ-GTiを赤道儀モードで使えるようにファームウェアを入れ替えなければならないとか、ZWO社のCMOSカメラに縛られるという問題もあるので思案中です。
(もう一個くらいZWO社のCMOSカメラが手元に降ってくればね・・)

カテゴリー: 八ヶ岳の生活, 天文関係, 望遠鏡・機材 | 2件のコメント

梅雨の晴れ間の星見

今日はときおり青空の広がる日中。

夜も晴れるかと期待していたのですが、夕刻はすっかり曇り空。

深夜近くなって少し雲が切れました。

星分(せいぶん)不足が続いていたので小型望遠鏡を出して久々の星見。

AZ-GTi+QHY5Ⅱによる電視観察(EAA)の検討です。

先日バッテリー交換をしたポータブル電源が活躍します。

月が明るいので動作検証が主体ですが、雲が多くて今ひとつ動きが不安定で眼視観察に切り替えたくなります。

機械任せだとトラブった時にせっかく晴れているのに星が見られずに無駄な時間が過ぎてゆくのがとてももったいない気がしてしまいます。(ご機嫌なときは超快適なのですが・・・)

ストレス解消には低倍率の経緯台をブンブン振り回す方が効果的かもしれません。

カテゴリー: 天体写真, 月・惑星, 望遠鏡・機材 | コメントする

勤労奉仕の日

今日は年に一度、地区内道路清掃、勤労奉仕の日。

主に側溝の土さらいと、草刈りを少々。

マスクをしたままの肉体労働なので少し息が切れますが、少しだけ住民が増えた事とだいぶ手慣れたこともあり、わりと短時間に作業が終了。

例年この梅雨時に実施するのですがこちらに住んで19回、何故か雨に降られて日延べになった事が一度も無いのが不思議です。

カテゴリー: 八ヶ岳の生活 | コメントする

梅雨の晴れ間に

晴れ時々雷雨な不安定な天候の一日。

不安定な天候が続きますが、スタパ玄関前のマツバギクが満開になりました。

真っ黒な雲と青空で空がが二分され、晴れているのに雨が降り雷が鳴るという激しい天気。

雨と雨の合間に今シーズン3回目の草刈り機出動。

刈る-雨(昼食休憩)-刈る-雨 の2サイクルで力尽きましたが、さっぱりして気持ちがよいです。

カテゴリー: 八ヶ岳の生活, 自然 | コメントする

コテージにキーボックス

今日も曇りのち雨、本格的に梅雨ですね。

さて雨の合間をぬってコテージ棟の玄関脇にキーボックスを取り付けました。

Withコロナの時代、完全非接触をご希望の場合、キーの受け渡しも非接触に対応できるようキーの保管場所として使います。

夜でも大丈夫なように人感センサー付赤色ライトとの下に設置しました。

ご利用のゲストにだけ秘密のナンバーを連絡し、ご利用頂けるようにしたいと思います。

カテゴリー: ペンション案内 | 2件のコメント

ようやく梅雨入り

今日は晴れのち雨。

午前中は夏空でしたが、その後モクモクと黒い雲が・・・

甲信越地区もようやく梅雨入りのようです。

数日前から明らかに梅雨入りした感じでしたが、昨年は勇み足で早めに梅雨入り宣言が出たあとしばらく好天が続いてしまったため、今年は用心しすぎた感じです。

20~30年前とは気候が完全に変わってしまっているので、無理に「梅雨入り」などと言わずに、「雨期」、「乾期」にすれば良いと思うのですが乱暴すぎますかね。

今日の天候も「梅雨入り」というよりは亜熱帯のスコールのような感じですし、昔のシトシトと言った梅雨の天気は少なくなるのかも知れません。

カテゴリー: 自然 | コメントする

惑星状星雲三種と散光星雲

今日も雨時々曇りの一日でした。

6/8~9の夜は天体用フィルターのテストのためいくつかの天体を撮影したのですでにアップした画像も含めUHCフィルター使用の画像をアップします。

いずれもスタパ40cm望遠鏡(LX200-40/D406mm/f4000mm)+0.6xレデューサー(2500mm相当)+ASI533MCにて撮影

まずはアレイ状星雲M27(昨日もアップしました)。

明るくて大きな惑星状星雲です。

月があっても良く見える超定番天体です。

次も定番天体、リング状星雲M57です。

M27に較べるとだいぶ小さいですが、これも月明かりの中でも見える天体です。

次は少しマニアックな惑星状星雲、キャッツアイ星雲NGC6543

通称もナンバーも覚えやすいのでつい見たくなるのですが、かなり小さいです。

あまりにも小さいので部分拡大しました。

小さいのですが惑星状星雲としては実は平均的サイズと言えます。

M27が如何に大きくて見やすい天体か分かります。

最後はかなりマニアックな散光星雲、まゆ星雲IC5146

昨日もアップしましたが、昨日は比較用に処理を抑え、トリミングしたので再掲です。

比較用の画像はありませんが、UHCフィルター使用によりフィルター無しより恒星の写りが抑えられ、星雲が浮き立つような効果が得られています。

場合によっては不自然な感じになってしまう事ともあるため、好みの分かれるところかもしれません。

空の状況が許すなら個人的にはフィルター無しの方が好きかも・・と思います。

カテゴリー: 天体写真 | 2件のコメント

天体写真用フィルターを使う その2

今日は曇り時々雨の一日。

ソロソロ梅雨入りですかね。

昨日紹介したスタパが所有する天文用フィルターの続き。

全てを総当たりで比較するほど真面目で無いですし、気合いも入っていないので、今後撮影する上でチョイスの参考程度に撮り較べてみました。
(今回は星雲メインなのでMoonとIR-cutについての撮り比べはしていません。)

まずはフィルター無しのアレイ状星雲M27

次にUHCフィルター使用

フィルターの有で星の数や大きさが大幅に減って、星雲の構造がだいぶハッキリしています。

この二枚は撮影日が異なるのでシーイングやピントの状態、画像処理の内容も異なるので一概には言いにくいのですが、その辺を差し引いてもフィルター有の方が星雲の写真としては優れているように感じます。

次にUHCとCLSの比較、通称まゆ星雲と呼ばれるIC5146を対象としています。

まずはUHC

次にCLS

同じ撮影条件と画像処理をしていますが、フィルターを交換するときに微妙にピントがずれ、CLSの方が少し甘い画像になっています。

ただし星雲の写り自体はCLSの方がハッキリしています。

確かにコントラストはUHC方が高い感じですが、Hα部分や全体の透過率が高い分、月明かりのないスタパの空ではCLSの写りが少しだけ良いようです。(スタパのUHCが古いタイプだからかも?)

月明かりの有無やや透明度により条件も変わるかもしれないですが、条件が良いときはCLSがよいような印象です。

カテゴリー: 天体写真, 望遠鏡・機材 | コメントする

天体写真用フィルターを使う その1

今日は薄曇りのち曇り。

スタパではコテージ周りの外構工事が本格化しましたが、天候の方はゆっくり梅雨入りしそうな感じです。

さて先日もチラリと天体写真用フィルターがあるので試して見ます、と言うような事を書いたのですが、いくつかの対象で使い比べをして検証中です。

写真のフィルターはいずれも48mm径のもので、2インチ規格の接眼レンズなどに直接取り付けられるタイプです。

以下左下のIR-cutから右回りに、

IR-cut:
その名の通り赤外線をカットするフィルター。赤外部まで感光特性を持つ素子を用いる場合フォーカスがボケるのを防止するために使用します。通常月・惑星の撮影時に用います。

Moon:
SVBONY製の月惑星用のコントラストを上げるための物です。ムーン&スカイグローフィルターとして販売している会社もあります。
ナトリウム灯の輝線も一部吸収するので多少の光害抑制効果があり、系外銀河の観察や撮影にも効果があると言われています。

実際にこれを用いて月を見てみましたが、確かに濃淡がハッキリする印象でした。
撮影でどのくらい差が出るのか検証したいところです。

CLS:
City-Light-Suppression(街灯り抑制)用のフィルターで、ナトリウム灯の輝線のほぼ全部や白色LEDなどの3分の2くらいをカットします。

Astronomik社データ

軽い光害地で効果を発揮すると言われ、星雲・銀河の眼視観測にも効果ありと言われています。
40cm望遠鏡で網状星雲を見るとノンフィルターではただの星雲状がフィルターを通すと網目が見えるという効果があります。

UHC:
Ultra-High-Contrast(超高コントラスト)タイプで、水素の輝線スペトルであるHβ、Hαを選択的に透過させる星雲撮影用のフィルターです

Astronomik社データ

現状は上のような透過率特性のものが主流になっていますが、スタパが所有しているのは少し古いタイプで下のような透過率特性のものです。

Hαの赤い光の透過率がやや低いですが現行品を買い直すほどでも無いかと・・・

と言うわけで今後はこれらのフィルターを目的に応じて使い分けながら撮影や観察を行いたいと思いますが、ざっくりフィルターの有無や個々の差を簡単に比較してみました。
(続く)

カテゴリー: 天体写真, 望遠鏡・機材 | コメントする