原村星まつり2017

今日は少し青空の見える天候。

スタパの庭ではレモンクイン(宿根ひまわり)が咲き始めました。

さて今日は原村星まつり(サマーホリディin原村)の2日目。

例年は夏休みの折り返し地点ということで2日間お休みをいただいて参加するのですが、今年は今日1日だけお休みをいただいて参加してきました。

顔なじみのメンバーとなじみの店でジャンク漁りをしていると、空には割と珍しい環天頂アーク(逆ぞりの虹)が見えてきれいでした。

少し雲の多い天気でしたが、時おり満月近い月や土星が見えてずらりと並んだ望遠鏡で見比べることができました。

ニコンの新製品の(手持ち型としては多分)世界一高価な65万円の双眼鏡も覗くことができました。(写真はないです)

そんな高価な物、だれが買うのかと思っていましたが、お金があれば買ってもいいかもと思える見え味でした。

アクアマリンのブースでは突然ゲリラライブがあったり、

もちろんお目当てのミッドナイトコンサートもしっかり聞けたし大満足。

あ~、楽しかった!

明日からまた夏休み後半戦を頑張りたいと思います。

スタパオーナー について

たくさんのかたに星空の美しさ、楽しさを知って頂きたくて、天体観測のできるペンションを開業しました。
カテゴリー: その他星関連, 八ヶ岳の生活, 天文関係 パーマリンク

原村星まつり2017 への6件のフィードバック

  1. くっしー のコメント:

    こんにちは、当日お会いしたかったのですが、お目にかかることが出来ずに残念でした。
    環天頂アークも会場で見ましたので、概ね同じ時間帯にいたような気もしますが、
    なかなか会えない物ですね。
    皆既日食に向けて、色々とお話を参考に聞かせて欲しかったのですが、残念です。
    現地ではお互いに晴天に恵まれると良いですね。

  2. 永代 のコメント:

    原村も楽しそうですね。一度行ってみたいのですが、なかなか時間が取れません。
    ニコンの双眼鏡、私は昨年の11月に千葉県我孫子市の手賀沼周辺で行われているJBF、ジャパンバードフェスティバルの会場で、まだ参考品として出されているのを覗きました。
    昼間の景色だったのですが、いつまでもいつまでも永く覗いていたい!という気にさせる見え味でした。開発担当の方は、鳥見会場に持ってきてはいるが、天文屋向けに造っているとハッキリ言われていました。これで星空も覗いて見たいもんです。カシオペア周辺を流したら、きっと綺麗でうっとり出来るでしょう。
    ただ、さすがに65万円では、宝くじにでも当たらないと手が出ません。

  3. スタパオーナー のコメント:

    永代さま
    お金に糸目を付けなければこんな製品ができるというニコンらしい製品ですね。
    でも65万円・・・・、本当に一般庶民には宝くじでも当たらない限り手が出ないですね。
    でもあの大きさと重さを考えると宝くじが当たっても多分買わないと思います・・・
    自分ならミニボーグ2本と2インチ正立プリズムの組み合わせで天頂付近も見やすい双眼望遠鏡を作ります。
    その方がいろいろ楽しめると思いますので・・・・

  4. はるまき のコメント:

    オーナー様 こんにちは。
    私は現地でお会いできてうれしかったです。
    私も65万円の双眼鏡を覗きました。月の見え方がすごかったです。
    自分が覗いた後、娘に渡す時は落とさないようにかなり緊張しました。
    「この値段だと数もそれ程出ないのでは?」と質問したところ、
    「注文頂いたお客様には何ヶ月かお待ち頂いています。」
    との事。恐れ入りました。

  5. スタパオーナー のコメント:

    はるまきサマ
    現地でお目にかかれて良かったです。
    ニコンの双眼鏡、そんなに売れているのですね。
    世の中、お金のあるところにはあるもんです。
    世界一高い双眼鏡が65万! それじゃあ買おう!なんて人もいるのかも知れません(笑)

  6. スタパオーナー のコメント:

    くっしーさま
    コメントがなぜかスパムに振り分けられていました。m(_ _)m
    お目にかかれず残念でした。
    日食観測の成功をお祈りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です