東京弾丸ツアー

今日も良い天気

今日は東京日帰り弾丸ツアーでした。

例によって(?)、新宿、秋葉原を回り、高校時代の友人と会食をして帰ってきました。

秋葉原では先日スタパにやって来た望遠鏡(タカハシFC65)を修理に出してきました。

帰ってくるのはだいぶ先らしいですが、楽しみです。

スタパオーナー について

たくさんのかたに星空の美しさ、楽しさを知って頂きたくて、天体観測のできるペンションを開業しました。
カテゴリー: 日記・コラム・つぶやき パーマリンク

東京弾丸ツアー への2件のフィードバック

  1. 浅海 美和 のコメント:

    初めまして。急なコメント申し訳ありません。
    天体観測が全くの初心者で、分からないことも分からない感じなのですが、息子が星座、星、惑星などに興味を持っていまして、クリスマスプレゼントに天体望遠鏡が欲しいと言っています。

    初めはスコープテックのラプトル50をと考えていたのですが、土星などがあまり見えないかもしれないと言うとオリオン座も見たい!と言っているので、双眼鏡もいいかなと考えています。

    もうすぐ、クリスマスで遅いのかもしれないのですが、アドバイスを頂けたらと思います。

    双眼鏡、天体望遠鏡でおススメはありますか?
    私も主人も全くの初心者で、息子は今年長さんです。
    価格は3万ぐらいまでと考えています。

    よろしくお願いします。

  2. スタパオーナー のコメント:

    浅海さま
    お問い合わせありがとうございます。
    ご両親が全くの初心者でお子さんが年長さんとのこと、結論から申しますと望遠鏡や双眼鏡の購入はしばらく見合わせられるのが賢明かと思います。
    まず望遠鏡ですが、望遠鏡を確実に覗けるようになるのは(個人差が大きい部分ではあるのですが)、小学生にならないと難しいです。
    また自分で使えるようになるには(かなり利発なお子さんでも)3年生くらいからです。
    大人から見て2~3年なんてすぐだと思われるかも知れないのですが、お子さんにとって1年というのは気の遠くなるような長い時間です。
    今、買ってあげて、すぐ使えるようにならなければ、望遠鏡というのは難しい物だと思い込んでしまい、一生望遠鏡に縁の無い人生を送ることになりかねません。
    ご両親が使いこなせるようになって、細かく指導してあげれば3年生くらいでも使えるようになるかも知れませんが、ご両親が全くの初心者だとするとかなりハードルは高いと思いますし、お子さんが見たいと思うときにいつでも付き合ってあげられる状態に無ければ、お子さんの興味はすぐに薄れてしまうと思います。
    自分で使いこなすことが可能な年齢になるまで少しお待ち頂くのが良いと思います。

    次に双眼鏡ですが、通常販売されている双眼鏡は倍率が高めな物が多いので、オリオン座などの大きな星座ははみ出してしまい、星座を楽しむことはできません。
    また小さなお子さんの場合、目幅が狭いので、自分の眼の幅に双眼鏡を調整することができないことがあります。
    双眼鏡で両眼視するためには目幅の調整が必須でこれができないと、景色が二重に見えたり片眼でしか見えなかったりと、かなり気分が悪いです。
    気分が悪いだけならよいのですが、本当に気持ちが悪くなってり、頭が痛くなったりすることもあるので、小さなお子さんには全くお奨めできないのです。

    強いてお奨めのものとなりますとスコープテックで販売している星座望遠鏡が良いと思います。
    < http://scopetown.jp/prod_st_seiza.html>
    こちらは倍率がとても低く、視界が広いので星座を探し、覚えるのに便利に使えます。
    また単眼式なので望遠鏡を覗く練習になりますし、小さなお子さんでも直感的に使いこなすことができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です