昇る冬の星座

今日は朝から下り坂の天候。

161026hasi

昨晩は久々に天体写真に挑んだのですが、途中から雲に阻まれてしまい、中途撤退となってしまったのですが、それでもいくつかの成果が得られました。

東に向けたカメラで連写した画像をつなげてみました。

雲が流れるなかオリオン座が昇りだし冬の訪れを告げている感じです。

ところで昨晩はアンドロメダ銀河(M31)の撮影もしました。

雲に邪魔をされてあまりコントラストのよくないカットが多かったのですが、
あれこれ画像処理をして見ました。

161024_453_60_2

VixenED102S(D102mm/f660mm)+笠井フィールドフラットナー+Eos6D ISO6400 120sec×8

なんだかんだ突っ込み所はあるのですが、私が撮ったM31としてはたぶんベストショットになったと思います。

笠井トレーディング製のフィールドフラットナーを対物レンズとカメラの間に装着することにより全体の星像が良くなっています。(四隅にケラレがあるのはご愛敬かと・・・)

スタパオーナー について

たくさんのかたに星空の美しさ、楽しさを知って頂きたくて、天体観測のできるペンションを開業しました。
カテゴリー: 天体写真, 天文関係, 星空 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください