広角EAA(電視天体観察)の検討 その2

今日は日中曇り、夕方少し晴れて薄明終了後も星が見えていました。

それならと気を良くして昨日の広角EAAセットをセッティング。

架台(AZ-GTi)の水平出し よし、PCとの接続 よし、さあアライメント開始!・・・と思ったらドン曇り・・・・・

とてもありがちなパターンですがガッカリ・・

それなら地上風景でせめて広角と望遠の画角の違いなどを見ようと言うことで、

肉眼ではおぼろに輪郭が分かる風景が色も含め浮かびあがります。

望遠側ではかなり細かいところまで見ることができます。(肉眼だとこの電柱はかろうじて存在が分かる程度にしか見えません。)

と言うわけで実天での検証はお預けとなりましたが、ミニPC化したレッツノートとモバイルモニターを組合わせたフィールドテストができたので吉とします。

スタパオーナー について

たくさんのかたに星空の美しさ、楽しさを知って頂きたくて、天体観測のできるペンションを開業しました。
カテゴリー: 八ヶ岳の生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください