次のEAAセット

今日も晴れのち曇りで、昼晴れ/夜雲のパターン・・・

CCTV用レンズでのお気楽EAAが(プレートソルブ以外は)とりあえずできるようになったのですが、最大の焦点距離が110mmだと少し物足りないと感じることが多いです。

スバルやアンドロメダ銀河にはちょうど良い感じですが、それ以外ではもう少しアップにしたいと思ってしまいます。

まだプレートソルブができていないので、現状のAZ-GTiの導入精度を考えるといきなり焦点距離の長い光学系は難しいかもと考え下のような組み合わせを考えました。

メインの鏡筒にSharpStar50ED(D50mm/f330mm)を用いNeptune-CⅡを取り付け、ファインダーの代わりに35mm/F1.6のCCTV用レンズを取り付けたQHY5Ⅱを取り付けて見ました。

QHY5Ⅱをファインダー用として使い50ED+Neptune-CⅡでアップの撮影を狙おうと思います。

スタパオーナー について

たくさんのかたに星空の美しさ、楽しさを知って頂きたくて、天体観測のできるペンションを開業しました。
カテゴリー: 望遠鏡・機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください