AZ-EQ AVANTを改造する

今日は曇り空な一日。(でも23時近くなって雲が切れた!)

昨年の冬に入手したスカイウォッチャー社の小型赤道儀(AZ-EQ AVANT:以下AZ-EQ)、その後EAAのマイブームにのまれて出番があまりない・・・

出番の無い理由のひとつにモータードライブ(アップグレードキットというらしい)の電源が単3-2本(3V)で、ついつい切り忘れいざというときに電池切れを何度も経験してガッカリが多かった事があります。

お気楽観察のときにでも高倍率のときにはやっぱりモードラ、電池の心配がないのが欲しいよねということで、外部電源としてモバイルバッテリーを使えるようにしてみました。

用意した部品は上のようなものです。

・5V-3.3V変換モジュール(Amazonで5個千円くらいでした)
・5V取り込み用USB-Aソケット
・3.3V給電用オスプラグ
・モードラ受電用メスプラグ
・変換モジュール用ケース = フィルムケース
・コード少々

アップグレードキットにジャックを付けて・・とも考えてバラしたのですが、

ジャックなどが組み込めるすき間がなさそうなので、電池ケースから直にメスプラグを引き出すことにしました。(いつものことですがバラすときは自己責任です。)

写真では電池が付いていますが実際に外部電源を使用するときは外します。(ここでは電池を入れたときに干渉しないか確認のために入れた状態です。)

電池カバーから配線を引き出せるように少し削りました。

組み立てた状態がこちら、

モバイルバッテリー → 変換モジュール(=フィルムケース) → アップグレードキット
とプラグ(ソケット)を繋ぎます。

アップグレードキットから出た線に無理な力がかからないように配線押さえを付けて赤道儀本体に取り付け、

これで電池切れの心配なしに使い倒せます。

スタパオーナー について

たくさんのかたに星空の美しさ、楽しさを知って頂きたくて、天体観測のできるペンションを開業しました。
カテゴリー: 望遠鏡・機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください