液晶の壊れたノートPCをミニPCとして使う

今日も終日曇り空ですっきりしない天候のスタパ周辺です。

さて昨日、一昨日と購入を紹介したミニキーボードとモバイルモニターですが、実はもう一つ大きな目標があって購入しました。

大型連休の時に不注意で壊れてしまったレッツノートの延命も兼ねての購入です。

レッツノートの場合液晶パネルの交換は素人にはかなり敷居が高いようで、さりとて修理に出せば中古購入した時の費用よりも高くなってしまいます。

15.6インチのノートPCはあるのですが、やはり小型・軽量なPCがないと何かと不便です。

低価格で購入できる軽量なノートも検討したのですが、手の出しやすい金額の製品だとセレロン4GBばかりで欲しいと思える物が見つかりませんでした。

もう少しハイスペックなノートも考えたのですが、現状インテルのCPUが第11世代と12世代との端境期なので(11世代と12世代では大きさがあり、どうせ新品を買うならもう少し12世代の価格がこなれてからのほうが良いという判断で)それも見合わせました。

それならモバイルモニターも買うことにして、ミニPCを買ったらよいのでは・・・?と思ったのです。

で、ミニPCを調べたのですが、これまた手の出やすい金額のものはセレロンマシンばかり・・・

壊れたレッツノートは第7世代ですがCore i5/8GB/SSD256GBのスペックで、まだ最新のセレロンマシンに引けを取らないはずだし、どうしたものかと思っていました。

でも、ふと思いついたのがこちら、壊れたレッツノートに外部モニターを繋げばミニPCと同じだよねというところ。

15㎝角前後で厚み5㎝前後のミニPCと比べると少し大きめだけど、光学ドライブがついて、必要に応じバッテリー駆動もできて、キーボードも付いていると考えたら下手なミニPCより良いかもしれないと思えてきました。

今回入手したモバイルモニターはノート本体のディスプレイ部分をモバイルモニターの角度調整用アームスタンドで挟むことにより何の違和感もなく省スペースで使うことができます。

でも何より気に入っているのは、ミニキーボードと組み合わせることにより、ノートPC本体の置き場所に縛られない使い方ができる点です。

モニターをゲストの見やすい位置に配置し、PC本体は邪魔にならない場所に置き、ミニキーボードは手元に置き操作すれば、自分がPCの前に陣取らなくて良くなるからです。

ゲストをかき分けてPCの前に陣取るのはシャイなキャラだと結構ストレスになりますので・・・

スタパオーナー について

たくさんのかたに星空の美しさ、楽しさを知って頂きたくて、天体観測のできるペンションを開業しました。
カテゴリー: 望遠鏡・機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください