日の出光学

この時期、スタパ周辺ではたくさんの野鳥を観察することができます。

 
写真はカワラヒワ、薄緑色のきれいな鳥です。

双眼鏡を首からぶら下げて散歩すると、結構楽しめます。

さて、双眼鏡と言えば、今日のお題は「日の出光学」・・・

ご存じない方が多いと思いますが、それもそのはず、つい数ヶ月前にできた
(今のところは)双眼鏡のネットショップです。

昨年末に古い「双眼鏡の話 -低倍率で行こう -」シリーズを再掲載したのは
記事が紛失したこともあったのですが、この「日の出光学」を紹介したいという
気持ちもあったからです。

「低倍率で行こう」シリーズでは「低倍率で小さいのがいいんだ!」という事を
結論にしていたのですが、この記事を商品化するときの一つの参考にして
くれたようで、瞳径5mm前後の製品をラインナップしてくれています。

具体的には

5倍20mm(ヒノデ5×20-A1) ¥9800
6倍30mm(ルボルト6×30)   ¥19800
8倍42mm(ヒノデ8×42-C1) ¥29800

の3機種があります。

詳しくは日の出光学のサイトをご覧いただきたいのですが、かなり気合いの
入った開発方針で、商品が作り込まれています。

3機種ともお借りすることができたので、追々レビューを紹介したいと
思います。

「日の出光学」の代表は何とこのブログにも何回か登場している、ウイリアム
オプティクスの輸入代理店であるスタークラウドの代表でもある宮野さんです。

この宮野さん、数年前からの知り合いですが、「良心」が洋服を着て歩いている
ような人です。

その宮野さんが商品化した製品ですから、いい加減なものであるわけがないと
思ってはいたのですが、正直なところもの凄くいいです。

それぞれ口径から考えると、とびきり安いと言うわけではないですが、
数倍の価格が付いた一流メーカーの商品に負けないほどの見え味という意味
では、圧倒的なコストパフォーマンスの高さを持っていると思います。

どれを買っても満足できると思いますが、私の個人的な意見としては
「ヒノデ5×20-A1」かな?・・と思います。

詳しくは明日以降に・・・

で、昨晩の月

 

欠け際のクレーターがだいぶハッキリしてきました

スタパオーナー について

たくさんのかたに星空の美しさ、楽しさを知って頂きたくて、天体観測のできるペンションを開業しました。
カテゴリー: 双眼鏡, 天文関係, 月・惑星, 望遠鏡・機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください