梅雨の晴れ間の星見

今日はときおり青空の広がる日中。

夜も晴れるかと期待していたのですが、夕刻はすっかり曇り空。

深夜近くなって少し雲が切れました。

星分(せいぶん)不足が続いていたので小型望遠鏡を出して久々の星見。

AZ-GTi+QHY5Ⅱによる電視観察(EAA)の検討です。

先日バッテリー交換をしたポータブル電源が活躍します。

月が明るいので動作検証が主体ですが、雲が多くて今ひとつ動きが不安定で眼視観察に切り替えたくなります。

機械任せだとトラブった時にせっかく晴れているのに星が見られずに無駄な時間が過ぎてゆくのがとてももったいない気がしてしまいます。(ご機嫌なときは超快適なのですが・・・)

ストレス解消には低倍率の経緯台をブンブン振り回す方が効果的かもしれません。

スタパオーナー について

たくさんのかたに星空の美しさ、楽しさを知って頂きたくて、天体観測のできるペンションを開業しました。
カテゴリー: 天体写真, 月・惑星, 望遠鏡・機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください