星座望遠鏡 -その3-

昼間晴れて夜曇るとか夕立になるとか、夏にありがちな悪いパターンの天候になっています。

さて今日も「星座望遠鏡」レポートの続きです。

昨日は製品の仕様を理解したうえでないとガッカリすることがあるかもしれないという話をしたのですが、この傾向はこの「星座望遠鏡」特有の問題ではなく、低倍率のガリレオ式望遠鏡(双眼鏡)に共通の話なので、特にこの星座望遠鏡が劣っているわけではありません。

否、むしろ一昨日紹介したいくつかの類似製品の中では優れた性能を示すと言えます。

このタイプの製品のカタログスペックでまず気になるのが実視界(どのくらいの範囲が一度に見えるかの角度)の広さです。

笠井のワイドビノ(正式にはWideBino28)はその名が示すとおり28°の実視界を誇ります。
ビクセンのSG2.1×42はカタログでは12°ととても控えめな数字が書いてあるのですが、眼を接眼レンズにこすりつけるようにして見ると28°くらいの範囲をみることができ、ワイドビノと同程度の実視界があるようです。

どちらも眼をレンズにこすりつけるくらいにして28°の実視界が得られるようになっているようです。

しかもいずれの製品も眼鏡着用での使用を想定していないようで、アイレリーフを15mmも確保(眼鏡着用)すると視界は半分以下になってしまい、低倍率・広視界のメリットがほとんど無くなってしまいます。(目を近づけないと広い範囲が見えないのはガリレオ式光学系の宿命でもあるのですが・・・・)

次に星座望遠鏡ですが、カタログスペックの実視界は24°とかなり控えめですが、アイレリーフ15mmでの設計値です。

でも眼鏡無しで接眼レンズに目を近づけてみると、ほぼ30°くらいの範囲を見ることができます。

実際に私が眼鏡着用と眼鏡無しで見たときの見える範囲を観察した比較を下に示します。

上はアストロアーツ社のプラネタリウムソフト「ステラナビゲーター」で表示させたはくちょう座付近です。

これに眼鏡の有無で見えた範囲を示しています。

眼鏡着用の時はカタログスペックどおり24°の範囲が見え、はくちょう座の北十字の範囲がスッポリ見えます。

そして眼鏡を外すとはくちょう座のほぼ全域(実視界約30°の範囲)が見えています。

同様に北斗七星のあたりを見ると、

メガネを掛けた状態ではギリギリ6個までしか見えないのですが、眼鏡無しだと余裕で北斗七星全体を見ることができます。

視界の広さという面では眼鏡無しでワイドビノやSG2.1×42と同等以上、眼鏡有りでは圧倒的に星座望遠鏡が有利ということになります。

次に気になるのが像の良さです。

星は点光源なので光学系に少しでもエラーがあると点に見えず、ぼやけたり歪んで見えることになります。

特に広視界の製品の場合には視野周辺では像が悪化することが多いです。

視野周辺の像が悪いとぼやけた分、暗い星が見えなくなるので、見えている星の数が少なくて迫力の無い見え味になってしまいますので、周辺像の良いことは(カタログスペックでは分からない)たいへん重要な要素です。

結論を言ってしまうと周辺像の良さは(眼鏡無しの前提で)

星座望遠鏡 > ワイドビノ > SG2.1×42

の順になり、星座望遠鏡の光学系が優れています。

視界の広さ、良像範囲補広さから考えると、どうしても双眼タイプの両目で見られなければイヤだという場合以外は星座望遠鏡に軍配が上がるように思います。

単眼の比較機種としてテレコンレンズ単体を紹介したのですが、テレコンレンズの種類にもよりますが、(特に安価なものは)色収差が大きいものが大きい、周辺像が良くない、ピント調整ができないなどの問題点が多く有りますので製品として考えれば星座望遠鏡の敵ではありません。

あくまでも人を選ぶ代用品としての域を出ないもので、望遠鏡という製品として考えたときは星座望遠鏡の完成度の高さとは比べものになりません。(続く)

カテゴリー: 天文関係, 望遠鏡・機材 | コメントする

星座望遠鏡 -その2-

梅雨は明けたものの湿度が高すぎるのか今一つスッキリしない天候です。

夕方まではわりと良い天気だったのですがね・・・・

「星座望遠鏡」レポートの続きです。

製品の細かい仕様や使い方(概要)などはスコープテックのサイトをご覧頂くとして、ここではメーカーサイトでは紹介されていないような情報を紹介させていただこうと思います。

前回はこの製品の開発背景というか立ち位置のようなものを簡単に紹介したのですが、製品のアイカップを見ると・・・

「スコープテック ヒノデ」と表示されています。

つまり販売は現状では初心者向け望遠鏡のメーカーとして信頼の厚い「スコープテック」がしているのですが、その開発にはマニア向けの双眼鏡メーカーとしてファンの多い「日の出光学」が関わっているのです。

スコープテックも日の出光学も本当に良心的会社で、粗悪品を掴まされて困っている人やそのために興味を失ってしまう人を少しでも少なくしたいという考え方をしている会社です。

その2社が共同で開発した製品なのでダメダメなものを売りに出すわけはありません。

ただしこの星座望遠鏡は倍率がたった1.8倍というギネスブックに申請できそうなくらい量産型望遠鏡としては(多分世界一)低い倍率なので、製品の用途を理解したうえで使わないとガッカリしてしまうかもしれません。

人間の眼の性能(というより視覚システムの性能)というのはかなり複雑で、一時に広い範囲を見渡すことが出来る一方で、精神を集中するとかなり狭い範囲の詳細をズームアップして認知することが出来るようになっているのです。

なので2~3倍までの倍率だとパッと見たときには、ほとんどの場合あまり大きく見えているという感覚が得られないことが多いです。

冷静に望遠鏡有りとなして見比べればそれなりの倍率がかかっていることに気付くのですが、大きく見えるという期待をするとガッカリしてしまうのです。

スマホ写真:星座望遠鏡有り(右)と無し(左) こうやって較べれば明らかに大きく感じるのですが・・・

次に見える星の数についてです。

この星座望遠鏡の倍率は1.8倍なので眼の光が入射する瞳の大きさ(瞳径)も1.8倍になります。

瞳の直径が1.8倍になると面積は3.2倍になるので、理論的には肉眼よりも3.2倍暗い(1等星以上暗い)星が見えることになり、星の数としては軽く2倍以上の数が見えることになります。

ただし見える星の数が増えても、倍率のぶん視界も拡大されているので、星の密度は裸眼の時とほとんど変わらないことになります。

つまり、望遠鏡だから凄く大きく、細かい星までドーンと見えるのだろう・・・と大きな期待を持って覗くと、とてもガッカリさせられることになる、そんな製品だと言えます。
もちろん冷静に肉眼の見え方と比較すると、確実に大きくなって細かいところがハッキリ見えていて、肉眼では見えなかった暗い星が見えて(都会でも)星座の形が分かるようになっていることに気付きます。

昨日も紹介したこのての低倍率ガリレオ式望遠鏡に総じて言える特性ですので、そういう機材なのだと理解したうえで使うのなら、それはとても、とても楽しい機材なのです。

感覚的には肉眼の延長上で眼球にブースターが追加された感じだと私は思います。

肉眼の延長上なので普通の(5倍以上の)双眼鏡で悩まされる手ぶれは全くと言って良いほど感じません。

急に視力が良くなって妙に良く見えるのがとても快感です。(続く)

カテゴリー: 天文関係, 望遠鏡・機材 | コメントする

星座望遠鏡 -その1-

梅雨明けで、今朝はとても気持ちのよい朝でした。

夜ははじめ晴れていたのですが、さあ星を見ようと思ったら曇った・・・・

さてラプトル50など入門用望遠鏡でお馴染みのスコープテックさんから「星座望遠鏡」という名称の面白い製品が発売になりました。

発売と同時に入手が出来たので、早速レポートしたいと思います。

この望遠鏡、倍率1.8倍という超低倍率です。(光学的にはガリレオ式望遠鏡です。)

星や望遠鏡などに詳しくない方は「なぁ~んだ、たった1.8倍かよ~・・・」と思うかもしれません。

でも倍率が低いと広い範囲を一度に見ることが出来るというメリットがあるんです。

高倍率だと細かいところを大きく拡大して見るのには適していますが、一度に広い範囲を見ることは出来ませんし、手で持った状態ではブレブレでかえって良く見えないなどと言うことも起こります。

実はこの手の品物は少し前から少しずつマニアックな人達のあいだで静かなブームになっていて、最近だいぶ一般にも認知されるようになってきています。

古くは笠井トレーディングの「ワイドビノ」(2.3倍)という製品が草分けです。

数年前からは「テレコンビノ」と呼ばれるカメラのテレコンバージョンレンズを二つ組合わせたものがマニアのあいだで流行っていました。(詳しくはこちら)

昨年あたりには大手望遠鏡メーカーのビクセンからも「星座観察用双眼鏡SG2.1×42」という製品も発売されています。

ただこれらの製品は倍率が低くて性能が低いと勘違いされがちなスペックの割には、キッチリと作られているので、かなり割高な感じのする価格設定になっています。
(テレコンビノも実際に売られている製品を組合わせて作るので割高です。)

双眼でなくて片目で見る単眼仕様であればカメラのテレコンレンズを中古で入手すれば、かなり安く低倍率望遠鏡として使用することは可能なのですが、ピント合わせが出来る構造になっていないので近視や強い遠視の方には使えないというデメリットがあります。
(テレコンビノもピント調整が出来ないので使う人を選びます。)

単眼仕様でピント調整が可能で、お気軽に星座を見つけるための望遠鏡がこの星座望遠鏡というわけです。(続く)

カテゴリー: 天文関係, 望遠鏡・機材 | コメントする

梅雨明け!!

今日もわりと雲の多い天候でしたが、スタパ周辺も梅雨明けです。

夜は観察会の時刻だけ快晴になり星空を楽しむことが出来ました。

実は昨晩も観察会の時刻だけ一時的に晴れるというラッキーが続いています。

昨日・今日とシーイングも良く見頃の土星がとても綺麗に見えていました。

これは昨晩の写真です。(写真は下が南側です。)

今年の土星は輪の開きがとても大きくて、とても見応えがあります。

カテゴリー: 天文関係, 月・惑星, 自然 | コメントする

スタパ利用時の「夕食」のお話し

今日もやや雲が多かったですが、青空と夏雲のコントラストが綺麗でした。

そして今夜はようやくスッキリと晴れて久々にフルバージョンの星空観察会を気持ちよく行うことが出来ました。

夏休み中はちょうど土星が見頃なので、例年以上に楽しめると思います。

さてスタパは昨年の夏から夕食をお出ししないB&Bの営業になり、ゲストには外で夕食を摂って頂く形にしています。

ゲストには概ねご理解頂いているようで、それぞれの好みやご予算に応じた夕食を摂って頂いています。

しかし一方では様々な事情によりスタパ館内で夕食を摂りたいとか、夕食を提供して欲しいという要望があるのも事実でした。
(合宿や研修会などで時間を無駄にしたくないとか、出来るだけリーズナブルに済ませたい、長距離歩くのが厳しい、繁忙期は店探しがたいへんなど事情は本当に様々です。)

近隣の業者さんとも相談のうえ、ご希望があれば宅配の仕出し弁当をご夕食用に準備させて頂くことにしました。

料金はお一人1000円にて2名様より対応可能です。

ご利用いただく場合は5日前までにお申込み下さい。
(8/13~16および毎日曜日は業者さん休業のため対応不可です。)

カテゴリー: ペンション案内 | コメントする

夏休み突入

今日も雲の多い天候でしたが、夏休み前哨戦で高原大橋の上はたくさんの車が行き交います。

夕方からはわりと雲が切れて青空が見えていました。

夜もそのままこんな感じで、雲が出たり引っ込んだりの繰り返し・・・・

まあベタ曇りよりはマシですが、ストレスのたまる星見になりますね。

カテゴリー: 八ヶ岳の生活, 自然 | コメントする

明けそうで明けない

今日も雲の多い一日。

ときおり夕立のような雨が降りました。

海の日連休、中日の今日は高原大橋もたくさんの車が行き交います。

夜は曇り時々晴れのダブルヘッダーとなりましたが、雲の隙間から土星、明るい二重星などを何とかご覧頂くことが出来ました。

明けそうで明けませんねぇ~・・:

カテゴリー: 八ヶ岳の生活, 自然 | コメントする

梅雨明けでしょう(多分)

今日も気持ちの良い夏空が広がりました。

林の中では桑の実が実っておいしそうです。

海の日連休の初日、夏休みの序盤戦ですが、快晴とはいえないまでも何とか天の川に夏の大三角、土星にM13(球状星団)なども見ていただくことができる天候に恵まれました。

昨日の天候もそうですし、天気図の梅雨前線の位置から見てもこの辺は梅雨明けしている感じです。

今年の梅雨は九州方面では大きな災害となりましたが、関東近郊はほとんど雨の降らない天候が続き偏りの激しい状況になりました。

天候の変化がだんだん起伏やムラの激しいものに変わって来ているように感じるのは気のせいでしょうか・・・・?

カテゴリー: 八ヶ岳の生活, 自然 | コメントする

梅雨明け?

今日はここ数日来の蒸し暑さがなく、少し爽やかな風が吹いていました。

例年梅雨が明ける頃が一番蒸し暑く、夏になると気温は高くても少し蒸し暑さは弱まることが多いのです。

今日は青空に沢山の雲が品評会のように出ていましたが、それはそれで素敵な眺めでした。

夜の好天も期待していたのですが、残念ながら21時過ぎにはベタ曇りとなってしまいました。

明日から夏休みモードに突入ですが、このまま梅雨が明けてくれると嬉しいですね。

カテゴリー: 八ヶ岳の生活, 自然 | コメントする

素敵な夕暮れ

今日も曇り空の一日。

昼間は蒸し暑くて、トンボが乱舞するようになりました。

夕方になると昼間の蒸し暑さが嘘のように涼しい風が吹いて、数日前からはその頃にはヒグラシが鳴くようになりました。

刻々と変化して行く景色を眺めながらヒグラシの聲を聞いていると、何ともマッタリとして贅沢な気分になります。

この週末からは夏休みがスタートするのですが、嵐の前の静けさという感じがします。

カテゴリー: 八ヶ岳の生活 | コメントする