双眼鏡で星空観察入門 (57)

昨晩は深夜から明け方にかけて雪が降ったようで、朝は思いがけず一面の銀世界。

積雪は3cmくらいでしたが、午前中は雲がちでなかなか溶けませんでした。

気温はあまり上がりませんでしたが、夕方からは晴れて、風が弱く穏やかな星空が楽しめました。

さて「双眼鏡シリーズ」です。

9.双眼鏡で楽しむ星巡り

9-34 かに座付近

ABK090 かに座 飼い葉桶のプレセペ星団(M44) 分類:メシエ天体、散開星団

今日は早春の星座、かに座付近です。

かに座といえば、何と言ってもプレセペ星団(M44)です。

プレアデス星団(すばる:M45)ほど派手ではありませんが、カニの甲羅の真ん中あたりに肉眼でも星雲状に見えるほど大きな天体です。

ただ、大きすぎて望遠鏡で見てもちっとも面白くない天体でもあります。

双眼鏡くらいの倍率(6~10倍)くらいが一番楽しめると思います。

肉眼では星雲状に見えたのが双眼鏡ではたくさんの星の集まりであることがわかります。
口径15cmくらいの望遠鏡で50倍くらいで見た時の普通の散開星団のように見える感じです。

かに座の甲羅に当たる不等辺四角形の中に収まっているので、飼い葉桶(馬のエサが入った桶)に見立てられているのですが、双眼鏡ではその様子がよく判ります。

ABK091 かに座 ι星近傍「伸びた3星列」: 分類:星列

かに座周辺はプレセペ星団周辺以外あまり目立つ星群・星列が無いのですが、プレセペ星団とやまねこ座の中間くらいのところに、少しだけ目立つ星列があります。

これと言った形につなぐのは難しいのですが、強いて言えば「3」が伸びて
しまった感じに見えます。

かに座イオタ星(ιCnc)近傍「のびた3星列」としておきます。

余談ですが、このかに座ι星は小さな望遠鏡で見てもよく見えるとても綺麗な二重星です。

金色の主星と薄青の伴星の組み合わせで、はくちょう座のアルビレオに似た配色なので「春のアルビレオ」と呼んでいます。

機会があればぜひご覧下さい。

カテゴリー: 双眼鏡, 天文関係 | コメントする

双眼鏡で星空観察入門 (56)

今日は曇り時々雪の一日。

でも夜は何とか星が見られました。

さて「双眼鏡シリーズ」、今日は冬の星座と春の星座の境目の当たりです。

9.双眼鏡で楽しむ星巡り

9-33 冬と春の境目の見所

ABK086 とも座 二重散開星団(M46-M47) 分類:メシエ天体、散開星団

今回からいよいよ冬の星座から春の星座へと移ってゆきます。

今日はおおいぬ座の東側とも座から、うみへび座に向けての星群・星列を
紹介します。

おおいぬ座の背中のあたりには天の川があります。

いっかくじゅう座のあたりからおおいぬ座の背中の上あたりを双眼鏡で流して見ると意外にたくさんの散開星団が見えます。

ほとんどが恒星が少しぼけたような見え方をするくらいにしか見えないのですが、M46とM47はペルセウス座の二重星団のようにハッキリした散開星団が2つ並んでいて見ごたえがあります。

双眼鏡ですとM46はほとんど星雲状に見え、M47は明らかにザラザラとした星団に見えて個性の違いが楽しめます。

ペルセウス座の二重星団よりも大きめ(=双眼鏡向け)で、勝るとも劣らない眺めです。

条件の良いところでは肉眼でも見付けられるほど明るい天体ですので、見付けるのにはそれほど苦労しないと思います。

ABK087 うみへび座 散開星団(M48)とミニアルタイル 分類:散開星団(M48)+星列

M46・M47とうみへび座の頭の中間あたりにM48があります。

わりと大きな星団で少しつぶれた楕円形に星雲状に見え、少しざらついて星が集まっているのがわかります。

すぐ右に3.9等星を挟んで二つの5.6等星が並んでいます。

わりと目に着く星列で、ABK029のアルタイル(飛ぶワシ)の並びが連想され「ミニアルタイル」と呼びたくなります。

とてもマニアックな話なのですが、この5.6等星の右側はうみへび座1番星、左側は2番星と符号があるのですが、なぜか3.9等星の星には符号が付いていません。

うみへび座の星座を形作る星たちは暗いものが多くてかなり暗くても(5等級でも)ギリシア文字が割り当てられているのですが、星座線で結ばれていないこの3.9等星には何の符号も付いていないという謎があります。

ABK089 うみへび座 うみへびの頭 分類:星座、星列

うみへび座の頭の部分を双眼鏡で見るとなかなか面白いです。

うみへびの頭が視野一杯に広がって、「クワッ!」と口を広げたうみへびが想像できます。

星座の星列としても名作の部類に入ると思います。

うみへび座は暗い星をたくさん使って星座の形が作られていますので、肉眼ではなかなかその形を追うのが難しいですが、双眼鏡ですと長~いうみへびの全貌をたどることができます。

うみへび座が全部地上に出ているときを狙ってぜひ全貌を捕らえてみて下さい。

カテゴリー: 双眼鏡, 天文関係 | コメントする

双眼鏡で星空観察入門 (55)

今日の午前中は雲がちの天候。

でも午後には気持ちよく晴れてくれました。

今夜もきれいな星空です。

さて少し間が開きましたが「双眼鏡シリーズ」、今回で冬編が終わりです。

9.双眼鏡で楽しむ星巡り

9-32 おおいぬ座付(続き)

ABK084 おおいぬ座 δ星近傍 犬のお尻星列 分類:星列

おおいぬ座の尻尾の付け根にあたるδ(デルタ)星を双眼鏡で見ると、δ星を取り囲むようにアーチ状の星列が見付けられます。

アーチ状の星列の左下側からは鎌首を持ち上げるような形の星列も延びています。

見ようによってですが、大型の草食恐竜(雷竜)のようにも見えます。

でもこの星列、もっと単純にδ星を取り囲む半楕円の星列として捉えると・・・

かわいらしい「犬のお尻」といった感じに見えます。

無理矢理恐竜にしなくても「犬のお尻星列」のほうがユーモラスでしっくりします。

ABK085 おおいぬ座 η星近傍 シェーバー星列 分類:星列

おおいぬ座のしっぽの先にあたるη星のさらに先には小規模ですが特徴的な
星群があります。

T字型の根元部分が太くなった感じで、ひげそり用のカミソリ(シェーバー)
のように見えます。

この星列、厳密には取っ手の三角の部分はおおいぬ座、刃にあたるT字の部分はとも座に位置しますが、「おおいぬ座η星近傍シェーバー星列」と名づけます。

カテゴリー: 双眼鏡, 天文関係 | コメントする

少しだけ寒さが緩んだ

今日も晴れ。

寒さが少し緩み、日射しがまぶしい感じがします。

朝は八ヶ岳ブルーでしたが、少し午後には温かい分、雲が多くなってしまいました。

寒さが緩むと途端に雲が多くなるというのも困りものですね。

でも夜になると気温が下がって雲が少なくなることが多いのがこの時期の嬉しいところです。(今夜も晴れました。)

カテゴリー: 八ヶ岳の生活, 自然 | コメントする

寒いけれど好天が続きます

今日も氷点下の一日でしたが、昨日よりは少し暖かったかな・・・

冬ならではの景色が広がるスタパ周辺です。

昼間はすこし雲が多めでしたが

よるにはスッキリ晴れ満天の星。

月が下限近くなってきたので、そろそろ星見の虫が騒ぎ出しそうです。

カテゴリー: 八ヶ岳の生活, 自然 | コメントする

寒~いけれど青空が戻ってきた

今日も一日冷蔵庫の中のような一日。

もの凄く寒いですが、青空は戻ってきました。

それでも天候は不安定で、ときおり雪が舞ってきたりします。

気温が低いのでうっすらと積もった雪でも溶けずに雪景色になっています。

スタパは恒例の「晴れなかったら半額!」フェアー中ですが、清里周辺の飲食店では「寒いほどお得フェアー」が始まっていて、対象店では格安に食事ができる日が多くなっています。

カテゴリー: 八ヶ岳の生活, 自然, 観光案内 | コメントする

どんど焼き2017

今日も寒い一日でしたが、今日は町の「どんど焼き」。

正月のお飾りや、期限切れのお札、お守りなどを焼く行事です。

紅白のお餅で繭玉を作り、鬼の目を射すといわれる厄除けの意味があるコナシの枝につけます。

これをおき火になったどんど焼きであぶってその場で食べたり、家に持ち帰り節分の時まで飾るという作法なのだそうです。

ペンションの仕事をしていると、通常は休日に行われるこういった行事に参加しにくいのですが、今年・来年と町の役員を引き受けていることもあって、せめて役員の時だけでも参加するようにしています。

もっとも役員を引き受ける人の数が少なくて、2~3年に一度は役員が回ってくるのですけれどね・・・・

カテゴリー: 八ヶ岳の生活 | 2件のコメント

寒~い一日でした

今日は日射しが弱い、または曇りの一日でした。

昼間でも気温は上がらず氷点下。

観察会の時刻には-8℃と、この冬一番の寒い観察会でした。

雲は多かったのですが、何とか星を見ることができました。

カテゴリー: 八ヶ岳の生活, 自然 | コメントする

降ったり晴れたりの一日

今日は天気が良いかと思えば、ゴウゴウと吹雪く一日。

スタパの裏山(=八ヶ岳)は日本海側と太平洋側を分ける山なので、日本海側の雪の勢力が強くて大荒れの時にはこんな天候になることが時たまあります。

ちょっとした風向きの変化で雲が動いて、晴れたり雪になったりというわけです。

それでも夜にはわりと安定して雲が切れて、満月を一日過ぎた明るい月を見ることができました。

道路の雪は全くと言って良いほどないのですが、野山や畑は雪があるので驚くほど風景が明るく感じます。

何だか散歩がしたくなる明るさです。

カテゴリー: 天文関係, 月・惑星, 自然 | コメントする

帰還

今日も良い天気

これはおかみ実家近くからの富士山。

裾の方は見えませんが、スタパからの富士山とそれほど大きさは違わないような感じがします。

さておかみ実家滞在がだいぶ長引きましたが、ようやく俗世の雑事から解放され八ヶ岳に還ってきました。

何だか凄~く(色々な意味で)ホッとしています。

明日からは真面目にペンションのお仕事をしたいと思います。

カテゴリー: 八ヶ岳の生活 | コメントする