AM5がやって来た  その6 運用上のリスク回避

今日は台風接近で曇りときどき雨の天候。

というわけで今日もAM5シリーズ・・

AM5は完全電動でクランプレスです。

そのため搭載した機材と架台の間で向きによって干渉が起こらないか充分注意しておく必要があります。

バランスウエイトが不要なほど駆動トルクが大きいので機材が架台にぶつかって破損してしまう危険性が大きいからです。

先日ガイドスコープの位置を鏡筒取付け金具に沿わせて取り付ける方法を紹介したのですが、ふと心配になってしまったので実際に取り付けた状態で架台をグリグリ動かしてみました。

結果、子午線を大きく越えない範囲ならばギリギリ大丈夫なことが解りました。

使う鏡筒の長さや追加するアクセサリーによっても都度事前に確認することを習慣にしておいた方が良さそうです。

さて当面AM5で眼視観察をするときの鏡筒として15cmマクカセ(BKMAK150)をメインに考えています。

使用上は28cmのC11も搭載可能ですが、可搬性を考えると15cmくらいが良いのと、見た目のバランスも良いです。

話は逸れますが従来BKMAC150はビクセンのGP赤道儀(またはロスマンディG11)で運用していたのですが、バランスウエイトが2個着いたGPよりAM5の方が全然軽いです。

バランスウエイト着脱や、バランス調整の作業がなくなるだけでも手間が減り、事故のリスクが軽減されると思います。

ただこのクラスの鏡筒でも架台に載せるときには(特にくらい場所では)かなり気を使います。

AM5ほ電源のON・OFF時には必ずホームポジション(鏡筒北向き)にしなければならないのですが、この向きのまま鏡筒の着脱をする作業はかなり危険が大きいです。

一手間掛かりますが金具の向きを真西に向けてから鏡筒を取り付けた方が安珍して作業が進めやすいです。

取り外すときも同じように西向きにして取り外してからホームポジションに戻すことを習慣づけしておく方が機材の損傷を防止することができると思います。

さて従来ドイツ式赤道儀では三脚の開く向きは赤緯体の直下に(=真北に)三脚の1本が来るように配置するのが一般的だったと思います。(下の写真)

これはバランスが極端に北側に偏っているからなのですが、バランスウエイトのないAM5では少し状況が変わります。

上の写真のような状態だと鏡筒が子午線付近向いているときに、三脚の脚と脚の間に加重が掛かる形になるので転倒のリスクが高くなります。

長い鏡筒で三脚との干渉がる場合を除き、上のように三脚の1本が南側に向くように設置した方が踏ん張ってくれる形になるので転倒リスク減ります。

カテゴリー: 天文関係, 望遠鏡・機材 | 2件のコメント

AM5がやって来た  その5 Windowsでの運用

台風接近で予報はかなり悪いのですが、ほとんど雨が降らないスタパ周辺です。

それでもいつフ降るか分からないのでAM5をWindowsで運用する方法を検討しました。

AM5をWindowsPCにASCOM経由で接続するためにZWO社のサイトから「ASI Mounto ASCOM Server」というアプリをダウンロードしインストールをします。

このアプリ、単なるASCOMドライバーではなく、いくつものアプリでAM5を制御できるようにするサーバーの役目をしてくれるものです。(というのがあとから分かった・・・)

インストールできたら「Serial Port」でCOM4(スタパのAM5はCOM4に繋がっています)を選択し「Conect」をクリック

 

下の画面になったら接続成功です。

次にSharpCapでプレートソルブをするために「All Sky Plate Solver」の設定をしておきます。

メニューのSettingsからCMOSカメラ用望遠鏡の焦点距離とカメラのピクセルサイズを入力しておきます。

SharpCapを開きメニューの「ファイル」からSharpCapの設定を開き、ハードウエアの選択で「ASI Mount」を選択します。(SharpCapでのプレートソルブ設定はできている前提です)

嘉間良を接続するとASI Mounto ASCOM Serverが立ち上がり、望遠鏡制御ができるようになっていることを確認します。

星図ソフト(ここではステナビを使用しています)を起動し、望遠鏡の接続設定をします。

ASCOM接続で「ASI Mount」を選択し接続します。

星図上で望遠鏡の向き(ここでは北極)が表示されていればOKです。

望遠鏡での自動導入やプレートソルブのためにはASI Mounto ASCOM Serverで「Tracking」にチェックが入っていないと動かないのでここに至るまでのどこかでチェックしておいて下さい。(ここでチェックでもOKです。)

オートガイドも行うならPHD2を立ち上げます。

接続設定でガイド用カメラとマウント(=ASI Mount)を接続します。

いろいろ弄くり回しているとときどきステナビが落ちます。

ステラリウムで試しても同じような現象が発生していますので星図ソフトとの相性があまり良くないのかも知れません。

立ち上げ直せば望遠鏡の方向は認識しますのでそれほど実害はなさそうです。

・・・と偉そうに書いてきましたが実はまだ実天で試していません。

でもこれでたぶんうまく行くはずだと・・・・

カテゴリー: 天文関係, 望遠鏡・機材 | コメントする

AM5がやって来た  その4 ASIAIRの取付位置

連休の週末だというのに薄曇りのち曇りで下り坂の天候。

来週の連休は新月だし、何とか晴れて欲しいものです。

さてAM5シリーズ、今日はASIAIRの取り付け位置についてです。

ASIAIRを使わない方にとっても少しヤバイ情報があるのでご参考までに・・・

AM5の工場出荷状態では上の写真のようにファインダーシューが本体のメインボックス側面に取り付けられています。

ASIAIRとセットで使用することを前提に、ASIAIRが取り付けられるようにという配慮のようなのですが、実はここにASIAIRを取り付けてしまうと、本体とASIAIRが干渉してしまうようです。

解決策として上のように鏡筒取付け金具に取り付ける方法が推奨されています。

この部分には予め取付ビスがセットされており、ここにファインダーシューを取り付けたままでもキャリングケース収納できるようになっています。

ただし問題なのは取り外した本体側のビスをそのまま元のネジ穴にねじ込んでしまうと内部の部品と干渉が起こり内部の部品を傷つけてしまう恐れがあるようなのです。

解決策として上のように4mmの座金を数枚挟んで取り付けておくのが良いようです。

さて、少しへそ曲がりなスタパはとりあえずASIAIRと組合わせずにWindowsでの運用を検討しています。

するとこのファインダーシューが遊ぶことになるので、ここにガイドスコープを取り付けて運用しようと考えています。

ここにガイドスコープを取り付けておけば鏡筒をいろいろ交換してもガイドスコープを付け替えなくて良いので便利だと思うのです。

ASIAIRと組合わせたくなったらどうするの・・・、

そんなときは上のようにASIAIRにファインダーシューを追加してガイドスコープを取り付けようと思います。(これだとC11とは干渉しそうですが・・・)

カテゴリー: 天文関係, 望遠鏡・機材 | 3件のコメント

久々にカピバラ君に逢いに行く

今日は雨のち晴れのち曇り(天気予報は晴れ基調の予報でしたが・・・)

さて先日の群馬観光のときに近県割引で地域クーポンを頂いたのですが使い切れなかったので、消化のために群馬サファリパークへ行ってきました。(おかみがサファリに行きたくてわざと使わなかったと言う説もありますが・・・)

カメラも(OM-1に)新しくなったことだし、(OM-1の)動物被写体検知機能を試すのには良い機会とカメラをぶら下げて回りました。

失敗することも多いですが、結構いい具合に眼にピントがあってくれます。

18-150mmのレンズですがかなりよった写真が撮れるのも楽しいです。

気のせいか眼を合わせてくれる動物たちも多い気がしました。

ときにはエサで釣ったりもしますが・・

種類ごとにたっぷり時間をかければもっと良い写真が撮れるかも知れませんが、まあ一期一会と割り切って、モフモフ感を楽しみます。

あまり近すぎてもこちらの腰が引けますが、本当は触りたい。

インスタなどでは猛獣をペットにしているのを見かけて憧れますが、

冷静に考えれば犬一匹飼うのにもヒイヒイ言っていた自分には無理ですね。

たくさんの動物を飼育管理され、野生動物の保護への貢献もしている動物園関係者には頭が下がります。

カテゴリー: 旅行・地域 | コメントする

AM5がやって来た  その4 開封・組立

今日もスタパ周辺はスッキリしない天候。

夜になっても晴れません・・・

さてAM5シリーズ、順番が少し変わりますが開封・組立の儀について紹介しておきます。

まずはオシャレな外装箱を開けると、これまたオシャレなセミハードなキャリングケースがでてきます。

中身をガッチリ守ってくれそうな、とてもしっかりしたケースです。

ただケースだけで結構な重量(2kg近い?)なので個人的には使うかどうか思案中です。

このケースにはAM5本体とハンドコントローラー(カールコード付き)、それに調整・取付用の六角レンチ(2本)が入っています。

三脚もまあまあオシャレな外装箱に入っていて中身は、

三脚本体、架台と三脚を繋ぐトッププレート、取付用専用ボルト、開き止めのスプレッダー、固定ノブ、ストーンバッグ(あと小袋に工具と金属の石突き)が入っています。

まずはAM5本体の底部にトッププレートを本体側に着いているビス3本で止めます。
(スタパとしては本体底部に開いている3/8インチのねじ穴で直止めできそうな気がしていますので、いずれ他の三脚に取り付けられるか試して見ようと思っています。)

付属の六角レンチでしっかり止めます。

余談ですがこのトッププレートを取り付けた状態のままでもキャリングケースに収納することができます。

しかも本体の緯度設定か0~90度のどの範囲でも収納できるので気楽です。
(メーカーによっては収納のたびに0度とか90度に合わせなければいけないなんてことがありAMすので・・・)

トッププレートが着いたら三脚にはめ込み、本体がコケないようにクランプを軽く締めます。

このときクランプが本体の方位・高度調整用のノブ類と干渉しない位置を選んでおきます。

三脚下側から取付用ボルトを締めます。
(写真ではスプレッダーと底部ノブが着いたままですがこの状態では外しておいた方がやりやすいです。)

最後にスプレッダーが三脚の各脚にあたるようにして固定ノブを締め上げます。

以上で架台と三脚の組立は完了です。(フ~ッ・・・!)

ア~ッ! 組み立てた状態の写真を撮るのを忘れた・・・

カテゴリー: 天文関係, 望遠鏡・機材 | コメントする

AM5がやって来た  その3 SkySafariを使う

今日は曇りときどき晴れ。

夜は月が雲の中を泳いでいました。

さて新規導入の赤道儀AM5、いろいろ弄くり回しています。

今日は昨日の反省を踏まえ、今ひとつ使い勝手の良くない純正アプリ「ASI Mount」をわりと使い慣れたSkySafariに置き換えできないものかといろいろ検討しました。

ASI Mountでも星図上の天体を指示して導入することができるのですが、その天体がどんなものかをそのアプリ上で知ることができません。

SkySafariだと星図上で天体のニックネームを知ることができたり、詳しい情報をその場で調べることができるので楽しいのです。

しかしここで大きな壁が・・・

SkySafariと望遠鏡の架台をリンクさせるにはSkySafari側の設定で機種の設定やIPアドレスなどを設定しなければなりません。

これまで幾つかの望遠鏡で設定をしてきましたが、全てネット上で先人の皆様がやり方を紹介して下さったのを参考に事なきを得ていました。

ところがAM5についてはSkySafariとリンクできるらしいと言う情報はあるものの、新しい機種のためか実際の設定方法についての情報を拾い出すことができませんでした。

そこでアレコレ調べた結果を元に「こうじゃないかな?」という設定をいろいろ試して繋げるための試行錯誤をしてみました。

結果・・・・

上の画面の設定のように
・望遠鏡のタイプ:Meade LX200 Classic
・架台のタイプ :自動導入赤道儀(ドイツ式)
通信制っていはWi-Fiによる接続を選択し
・IPアドレス:192.168.4.1
・ポート番号:4030

という設定をしたところめでたく接続することができました。

ただしSkySafari上で「接続」ボタンをタップしてから接続完了まで1分近く掛かりフリーズしたかと心配になったほどです。

実天では試していないのですが、たぶん問題なく導入ができると思います。(だだしSkySafari側の画面で望遠鏡の微動操作がうまく動いてくれません。望遠鏡の微動操作はAM5のジョイスティックで行えば良いと思いますが・・・)

面白いことに純正の「ASI Mount」との共存も可能です。

さすがに上のように2画面表示で使うと少し不安定でASI Mountが落ちてしまいやすいです。(落ちても問題なくSkySafariでの操作は維持できます。)

SkySafariではWindowsとのリンクが出来ないので眼視観察専用(またはASIAIRとの組合せ)でしか使えませんが、とりあえずは目標達成です。

カテゴリー: 天文関係, 望遠鏡・機材 | 5件のコメント

AM5がやって来た  その2

今日もまあまあ晴れの一日。

薄雲があって月と2等星くらいまでしか見えませんが、今夜も新赤道儀AM5を持ち出して眼視観望をしました。

今日は8cm F10のアポ鏡筒で月・惑星をメインに見ながらの使い慣らしが目的です。

月の写真も撮りましたがこの鏡筒、文句の付け所がない見え味で、250倍で見てもビシッとした像が楽しめます。

AM5はバランスウエイトが(10kg以下は)不要で、架台と三脚で7kgちょっとなので気楽に持ち出すことができます。

感覚的にはビクセンのGP赤道儀(ウエイト付き)と同じくらいの重さなのに、剛性はAM5の方が圧倒的に高く、バクラッシュもなく、自動導入ができてしまうのです。

眼視観察の場合極軸合わせがかなりいい加減でもそれほど運用に困ることはありません。
具体的にはAM5のホームポジションに鏡筒が向いている状態で極軸調整ネジを使って北極星を導入したあと、適当な明るい星(1等星でも惑星でも)を自動導入します。

この時点では導入できないのでジョイスティックで中央に導入したのち「アライメント」ボタンを押してあげます。(いわゆるワンスターアライメントというやつです。)

これだけで60倍くらいでも何とか視野の中に自動導入ができるようになります。

導入後はかなり高倍率にしても10分くらいは余裕で視野から外れることがないです。

とりあえずの操作は純正のスマホ(またはタブレット)用アプリ「ASI Mount」で事足りるのですが、見たい天体が決まっていないと今ひとつのも城見がないアプリなので、できればSkySafariなどが使えると楽しいと思うのですが・・・

カテゴリー: 天文関係, 月・惑星, 望遠鏡・機材 | 2件のコメント

AM5がやって来た

今日は晴れの一日。

少し雲はあるものの終日ベッタリ曇ってしまうことはありませんでした。

昨晩は雲の中の月を何とか写すといった苦しい天候でした。

今夜はスッキリではなく少し霞んだ感じでしたが何とか落ち着いて星を見ることができました。

さて今日はスタパにAM5がやって来ました。

AM5と言ったって午前五時ではありません。

五色の戦隊ヒーローでもありません。

「Are You Ready!」と言って「学園天国」を歌っていたグループでもありません。
(古いし、だんだん離れて行くのでこのへんにしておきます。)

ZWO社の新型赤道儀「AM5」です。

この赤道儀、最新の機種ですので自動導入は当然なのですが、ドイツ式赤道儀として必須のバランスウエイトが(最大13kgまで)不要な構造なのです。
(最大搭載重量は20kgでこの場合は5kgのウエイトが必要になります。)

実はスタパが所有している赤道儀で自動導入に対応しているのは天文ドームの40cm望遠鏡だけで、可搬型のものがなかったので以前から購入を検討していたのですが、なかなか「コレ!」と言った機種が見つからずにいたのです。(AZ-GTiは赤道儀とシテの使用も可能ですが、盛大搭載重量が4kgと小さく経緯台で使用する方が使い勝手が良いので除外しています。)

そんなわけでAM5のレビューは追々しばらく続けることになると思いますが、とりあえず今夜はファーストライト。

まずはZenistar66SD(D66mm/f388mm)を載せて低倍率での導入精度の検証と月の撮影。

かなりいい加減な極軸合わせでしたが、とりあえず低倍率なら遊べます。

その後BKMAC150(D150mm/f1800mm)に載せ替えで高倍率での挙動を確認しました。

250倍くらいでも安定した見え味で月面散歩、土星、木星、海王星、天王星、火星をたっぷり眼視観察。(あと主だった二重星も)

シーイングもまあまあで口径15cmでもお腹いっぱい楽しめました。

ネットで検索しているとASIAIRとの組合わせで運用する事例ばかりなので、スタンドアローンでの使用をどうするのか不安だったのですが、眼視観察ならスマホ(またはタブレット)との組み合わせでも全く問題無いことが分かりました。

AM5を使う方のほとんどがASIAIRと組合わせて使うのでしょうが(スタパも最終的にはそこに落ち着くかも知れませんが)、へそ曲がりなスタパとしてはそれ以外の組み合わせについてもいろいろ試してみたいと思っています。

カテゴリー: 天文関係, 望遠鏡・機材 | コメントする

群馬観光

今日は晴れのち曇りのち晴れ。

さて今日は昨日に続き群馬県で観光。

せっかく妙義山の見える場所で泊まったのでこちらへ。

結構な段数の階段をエッチラ、オッチラと昇ります。

山頂にはなかなか雰囲気の良いお社がありました。

続いて日本一大きな大黒天像が近くにあるというので行ってみました。

小槌ではなく矛を持った大黒様。

こちらも大黒天脇の急峻な階段をヒイヒイ言いながら登ると

妙義の巨石に抱かれるようにお社があって、なかなかの迫力でした。

2つの神社巡り、スタパにとってはかなりの運動だったので腹ごしらえと言うことでコンニャクパークへ。

こちら様々なコンニャク料理の試食がバイキング形式で食べられるので、コンニャクだけでお腹いっぱいになります。

コンニャクだけでお腹いっぱいというのも何となく心が満足していないのですが、とりあえずはヘルシーなのでOKかと・・・・

最後は以前から行きたくて行けてなかった世界遺産「富岡製糸工場跡」。

明治維新後、近代化を進める日本の試金石となった施設だけになかなか見応えがありました。

いつも日帰りで済ませてしまうことが多い群馬観光ですが、じっくり泊まっての観光も楽しかったです。

カテゴリー: 旅行・地域, 観光案内 | コメントする

温泉巡り

今日はやや雲はあるものの久ビッサの良い天気

そんな好天に誘われてこれまた久々(3年ぶり?)に草津温泉に行ってきました。

草津では2箇所の温泉に浸かり、すっかりのぼせ上がったところでこんなところに、

ゴジラが眠る場所?・・・ ではなく妙義山です。

コチラでも少しノンビリして帰ります。

カテゴリー: 八ヶ岳の生活 | コメントする