鹿に出会う

今日はポカポカの良い天気。

猫(たぶん野良)がスタパのデッキで日なたぼっこしていました。

夕方までは良い天候だったのですが、日没後に買い物から帰るとスタパ周辺は曇り・・・・

この時期、夜は野生動物に出会うことが多いですが、スタパ近くの道路を鹿がウロウロ。

スタパ前の空き地にも数匹いました。

春先には夜中に角をカツカツと突き合わせて階級決めをしているところを見かけることもあります。

車との衝突事故も多いので、夜中に走るときはできるだけ安全運転を心がける必要があります。

カテゴリー: 八ヶ岳の生活 | コメントする

春のアーチ(冬のダイヤモンドの後)

今日は晴れのち曇り。

週末なのに夜は曇ってしまいました。(ここの所週末というと曇るパターンが続いています。)

とは言え新月期、晴れたら満天の星が楽しめるはず・・・

この時期、薄明の終了時刻になると冬の星座たちはすっかり西に傾いて、冬のあいだ夜空に君臨していた「冬のダイヤモンド」も一望するのが難しいほど低くなってしまいます。

冬のダイヤモンドが見えなくなって少し残念な気もするのですが、ダイヤモンドを構成する6個の一等星うち3~4個がまだまだ高く見えていることが多いです。

見方によっては、ふたご座のカストル-ポルックスを頂点とした大きなアーチができているように思えるのです。

この季節、卒業や入学・入社など「門」を通ることに大きな感慨を受ける人も多いと思うのですが、星のアーチが門出を祝福してくれていると思うのはいかがでしょう?

カテゴリー: 星空 | コメントする

EAAの試行錯誤は続く

今日は少し雲がちの天候。

気温が低くて冬に逆戻りといった感じです。

さて昨晩はトキナーの100-300mm/F4+ASI120MMの組合わせでEAAの検討をしていたのですが、いろいろ観察したり撮像をしているうちに、どうもその映りに納得が行かなくなりました。

70-200mmズームのときも感じていたのですが、ズームの必要を感じるのはプレアデス星団、アンドロメダ銀河、二重星団(h-χ)くらいで、それ以外の天体は300mm前後の焦点距離が適切ではないかという気がしています。
(40cm望遠鏡の常用倍率である100倍より少し広い視野が得られ、眼視観察との見比べにちょうど良いのです。)

上記の3天体についていえばEAAで見るより、口径10~15cmくらいの低倍率で見た方が(月さえなければ)綺麗だと思うので、広角側の焦点距離の出番はとても限られそうだという気がします。

というわけで原点回帰。

もともとスタパにあるウイリアムオプティクス社のゼニスター66SD(D66mm/f388mm(F5.9))に0.8倍の レデューサーフラットナーを組み合わせて、約310mmにして試してみました。

輝星だとダイレクトにバーティノフマスクを掛けてピント合わせができますし、かなり暗い星でも短時間(1秒未満)にモニタ上で確認できるので手動での位置合わせも簡単です。
(早くプレートソルビングができるようになりたいのですが・・・)

というわけでサクッといくつか撮影。

上はトキナー100-300mm(望遠端)との比較です。

同等の焦点距離でも解像度が全く違うのがわかると思います。

ゼニスター66SDは望遠鏡であるためレンズ構成が単純でヌケがとても良い感じです。

気をよくしてM84付近、マルカリアンチェーンと呼ばれる系外銀河の塊の根本あたりです。

30秒露光くらいでも2スタック目くらいからモニタ上でそれらしく見えてきます。

上は球状星団M13ですが、モニタ上で眺めても微光星のきらめきが感じられて、40cm望遠鏡の眼視に近い見え方が楽しめます。

試行錯誤が続いていますが、当面はこのセットでスタパの観察会に臨みたいと思います。

カテゴリー: 天体写真, 望遠鏡・機材 | コメントする

2500円のレンズで遊ぶ

今日は曇りのち晴れ、夜は良く晴れました。

今日はコテージ棟の窓にカーテンを取り付けました。

母屋と同じように遮光式のカーテンですので、屋外に光がたくさん漏れないように配慮しています。

さて今夜は先日入手した100-300mm/F4のズームレンズ(2500円で入手)とASI120MM(ZWO製モノクロ非冷却CMOSカメラ)を組合わせたセットを天文ドームの望遠鏡にと載せていろいろ遊びました。

レンズとカメラの間に薄型のヘリコイドを挟んでピント調整をやりやすくしています。

タブレットPC(Windows)で撮像している様子です。

りょうけん座の系外銀河M51です。

いくらピントを合わせても甘々で今ひとつスッキリしません。

かみのけ座のエッジオン銀河NGC4565です。

もうひとつ、りょうけん座の球状星団M3です。

レンズに曇りがあるせいかどうもスッキリした絵にならないのですが、送料込み2500円の中古レンズなので文句を言う気にはならないです。

お気楽お遊び用として使う分にはたのしいかと・・・

カテゴリー: ペンション案内, 天体写真, 望遠鏡・機材 | 2件のコメント

新緑の始まり

今日中はやや雲の多い天候。

気温はやや低めでしたが、それでもスタパ前の林ではカラマツたちが本格的に芽吹きだしました。

例年より1週間くらい早く、近隣でサクラの花が咲きだしています。

いつもだと大型連休に新緑が間に合わないのですが、今年はちょうど良い時期になりそうな感じです。

夕方、買い物に出かけたらもの凄い夕焼けにであうことができました。

感動して何枚も写真を撮ったのですが、眼で見た美しさが全然伝わらなくて歯がゆい限り・・・

星と同じで「生」の美しさを伝えるのは難しいようです。

カテゴリー: 八ヶ岳の生活, 自然 | コメントする

読書の春(?)

今日は晴れのち曇り。

さて花粉症とは半世紀近くお付き合いをしている私。

例年だと2月末くらいからGWが終わるくらいまで、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、眼のかゆみに悩まされます。

昨年コロナ対策のため空気清浄機を導入したのが功を奏して3月末までほとんど薬を飲まずに済んでいましたが、さすがに数日前から眼のかゆみに悩まされています。
(それでも鼻づまりがほとんど無いのはありがたいですが・・・)

引き籠もっている時間が長いのも症状が軽い理由かも知れません。

やらなければならない作業が山ほどあるのですが、できるだけ外に出たくない。

それなら読書だ! ということで書籍を何冊か購入。

「宇宙兄弟」はスタパライブラリー用。

「構図テクニック事典」は写真を一から勉強し始めたおかみ用
(Aさまより紹介頂いた本です。)

「LIFFESPAN(ライフスパン)」は先日紹介した16時間断食によるダイエット法を紹介している元ネタ本。

まあ真面目に読むのはライフスパンだけですが本編だけで490ページもあって読み始めたところで眼のかゆみに負けてくじけそうです・・・・

カテゴリー: 八ヶ岳の生活 | コメントする

やっぱり生(の星)が好き

今日は曇り空の一日でしたが、夜になって晴れてくれました。

スタパ周辺は花盛りで、今年もスタパのスイセンが咲きました。

さて今夜は快晴となり、月の出も遅いし、黄砂の影響もかなり薄れているようだったので久々にSVBONYのフィールドスコープSV406Pを持ち出して星空散歩をしました。

深夜近くなって始めたので星空はすっかり初夏の星座たち。

主要なメシエ天体(3,4,5,13などの球状星団、51,81,82などの系外銀河、27,57など惑星状星雲)や二重星(アルビレオ、ミザール、はくちょう座30-31、こと座ε、ζ)などなど、生の星たちの輝きを堪能しました。

ここのところCMOSカメラによるEAAをすることが多かったので、生の星の光を眼で見ないことが多かったのですが、液晶画面ではなく直接眼に入る光はとても美しいと思います。

目的の天体を次々に見つけて、宇宙の神秘に思いを馳せるのも楽しいのですが、探す過程で次々に視野に飛び込んでくる様々な色や輝きの異なる星たち、ときには息を飲むほど美しい色や明るさの対比が楽しめたり、思わず「ホ~」といってしまうような面白い星の並びにであうことができるのはさらに楽しいです。

EAAで目に見えない天体が画面上にあぶり出されてくるのはとても楽しいですし、充分にライブ感を感じることはできるのですが、眼で星の光を生で見るのとは次元の異なる楽しみ方と思えてきます。

個人的には「やっぱり生(の星)が好き」だなぁ~と思います。

カテゴリー: 星空 | コメントする

ダイエット進行中

今日は曇り・雨の一日。

写真は盛りを過ぎた甲府周辺のサクラです。

さてここ2ヶ月ほどダイエットに挑戦中です。

コロナで引きこもりが続き、すっかり運動不足も相まってこの1月には学生時代からの標準体重よりも4kg以上も増えてしまいました。

もともとそれほど太っているわけではないのですが、長いあいだ標準体重±2kg維持してきたのが少しだけ自慢だったのに、ボーダーラインである+2kgを軽く超えて、着るもの(特にズボン)に少し困り始めるようになってしまいました。

もともとダイエットを趣味にしているおかみと相談して持続が可能そうなダイエット法に挑戦した結果標準体重-2kgまでの減量(最大時より-6kg)に成功して、ここ2週間以上その体重を維持することが出来ています。

世の中様々なダイエット法が紹介されていますが、スタパが採用したのは16時間断食という手法です。

一日のうち(寝ている時間も含めて)16時間断食をする方法です。

具体的には夜20時くらいまでに夕食を済ませたら、翌日の朝食を抜いて昼食まで水以外を口にしないというだけです。

昼食も夕食も食べ過ぎと炭水化物の取り過ぎに注意するくらいで、わりと好きなものを食べていますし、おやつも少しなら食べていますが、それほど辛いと感じることなく減量に成功しました。

最近の研究では空腹時間が長い方が身体の中で様々な修復が活発に行われて、病気やストレスに強いからだが作られるそうです。

「お腹がすいた~」と思ったら「シメシメ、身体が修復されているぞ~」とポジティブに空腹を楽しむことにして長続きができています。

「朝食を食べないと絶対ダメ!」という方には向きませんが、1食くらい抜いても大丈夫という方にはお奨めの方法だと思います。

カテゴリー: 八ヶ岳の生活 | コメントする

花盛りの季節がやって来た

スタパ周辺は今日もスッキリしない天候。

夜はほぼ快晴になったのですが、黄砂の影響で天頂付近はまあまあですが少し高度が下がると寝ぼけた空です。

それでも「寒い!」という季節が終わり、コートなしでも過ごせることが多くなり、次々に木々が花を付け始めています。

今年はお隣のコブシがことのほか綺麗に咲いています。

ウメやダンコウバイ、アブラチャンが咲いて、サクラも少し標高が下ったところでは咲き始めました。

花粉がひどいのが玉に瑕ですが、日々の変化が楽しい季節です。

カテゴリー: 八ヶ岳の生活, 自然 | コメントする

黄砂の季節

今日もなんとなくすっきりしない天候。

ここのところ一週間近く雲が多いこともあるのですが、大陸からの黄砂がひどいようで、晴れていても霞んだ感じの眺めになることが多いようです。

冬が終わったばかりですが、スッキリした冬空が懐かしくなります。

カテゴリー: 自然 | コメントする