今シーズン一番の寒さです

今日は良い天候になりました。

全国的に寒いようですが、昨晩は軽く-10℃を割り、今日日中の最高気温が-5℃でした。

以前は冬になるとこれくらいの寒さはわりと普通だったはずなのですが、ここ数年すっかり暖かくなり、身も心も適応できないです。

月はまだ細いですが長時間屋外で星を見るためには相当気合いを入れないと厳しいですね。

カテゴリー: 天文関係, 星空, 月・惑星, 自然 | コメントする

ASIAIR Miniがやって来た

今日は曇りのち雪のち晴れ。

大荒れの予報でしたが、スタパ周辺は予想外に早く雲が切れてきました。

21時現在、雪は舞っているものの雲間に星が見えていました。

気温が-10℃なのでさすがに無理して星を見ようという気にはなりませんが・・・

さてスタパに新しいアイテム「ASIAIR Mini」がやって来ました。

従来からASIAIR Pro(現状のモデルPlusの一世代前)を用いて電視観察ができるようになっていますが追加購入です。

ASIAIRを使うと想像以上に電視観察が簡単で楽しいものになります。

ただ一度使用する架台・望遠鏡・メインカメラ・ガイドカメラなどを決めてASIAIRを設定してしまうと、別の架台を使用したシステムに付け替えるのは結構億劫な作業になります。

使う望遠鏡の焦点距離などは都度設定するとしても架台毎にASIAIRが欲しくなってきます。

と思っていたら昨年末くらいにZWO社がら今回のASIAIR Miniが発売されました。

価格がフルバージョンのASIAIR Plusよりかなり安くなって入手しやすいです。

Plusとの違いは12V出力端子が4個から2個になっていることと、USB端子の構成が(USB-A×2、USB-C×2)から(USB-A×4)にグレードダウンさてていることくらいで、それ以外の機能にほとんど代わりはありません。

転送スピードが遅いので超高解像度(=フルサイズ)のカメラを使わない限りはほとんど問題はなさそうです。

冷却CMOSカメラ、電動フォーカサー、フィルターローターなどフルバージョンの天体撮影用機材を使用するのででなければ、12V出力が少ないのも問題なしです。
(12V出力が無くても致命的不便さではありませんので)

これから電視観察を始めるとか、お気楽電視観察に使うとかなら必要充分な機能だと思います。

スタパでも活躍してもらおうと思います。

カテゴリー: 天文関係, 星空, 望遠鏡・機材 | コメントする

LX200-20鏡筒をAM5で使ってみた

今日は日中薄雲が多かったのですが夜になってかなり綺麗に晴れてくれました。

月の写真なども落ち着いて撮れるくらい寒さが少し緩んでくれました。(それでも-3℃くらいですが・・)

-5℃くらいまでなら何とか頑張れそうな気がしたので先日から懸案だったMEAD LX200-20から取り外した鏡筒(D203/f1260mm)をAM5赤道儀に載せての運用を試してみました。

結論から言うと本日はトラブルが幾つも発生し、ジタバタしているうちにだんだん雲が厚くなって結局心が折れて1時間半ほどで撤収となりました。

備忘録としてトラブルの内容を列記しておきます。

その1
鏡筒が重くなり加重が北側に寄ったため三脚が安定せず極軸合わせが難航した。
ストーンバッグにオモリを載せて解決するまでに30分ほど

その2
先日導入したWindowsノートでのAndroidエミュレーターでASIAIRアプリを動かすも目標の天体に架台が動こうとしない。
いろいろ確認している内にエミュレーターの時刻がPCと同期されていないことに気付く。
その場で(舞い上がっているので)時刻の変更方法が分からず、いつものAndroidタブレットに変更して解決するまで20分ほど

その3
Androidタブレットで使い始めるも電源周りが安定せず、頻繁に電源が落ちる。
架台とASIAIRの電源として容量の小さな外部バッテリー(ポタ電ではない)を使用していたが、Androidタブレット過冷却防止用のヒーターも合わせて給電したのが原因。
素直にポタ電に交換(これでも15分ほど)

その4
今回は20cm鏡筒が眼視観察、電視用は100-300mmズーム+ASI585MCだが初めての組み合わせなので両光学系の光軸を合わせるのにひと苦労・・・(10分ほど)

その5
架台を大きく動かしたり、手動操作のため配線類に触れると電源周りが不安定で、その都度立ち上げ直しを繰り返す状態。
ポタ電からの12Vプラグが適正でなくケーブルに触れると電源が落ちる場合があると判明。
ケーブルにテンションが掛からぬよう工夫(10分以上)

そんなこんなをやっているうちにわずかだった雲がだんだん厚くなって2等星くらいまでしが見えなくなってしまい、心がポキリと折れてしまいました。

まあ一度のトライで多くのバグが解決できた(はず?)ので吉としたいと思います。

カテゴリー: 天文関係, 星空, 月・惑星, 望遠鏡・機材 | コメントする

明日あたりから大荒れの天気予報ですが

天気予報では昨日くらいから下り坂で、明日あたりから大荒れで大雪になる予報が出ていましたが、今日はなぜが薄曇りの一日。

当初、明日・明後日のスタパ周辺は雪予報でしたが少し良い方向に変化し晴マークが見えてきました。

一昨日はとても良き天気だったのに・・、今年の冬はことのほか天候が安定しないような気がします。

雪予報の出ている地域では特別な注意も必要でしょうが、スタパ周辺も気温がこの冬一番の低温になりそうなので凍結などの注意は怠らないようにしたいと思います。

カテゴリー: 天文関係, 星空, 自然 | コメントする

LX200-20の鏡筒を外す 2

今日はゆっくり下り坂の天気で、薄明終了までは何とか星が見えていたのですが、20時の時点ではしっかり曇ってしまいました・・・・

LX200-20の専用架台から取り外した20cmF6.3鏡筒どうやってAM5に取り付けるか検討の結果、手持ち部品の中にアリガタ金具(L=330)があったので取付けてみました。

そのままでは鏡筒に取り付けることができず、アリガタ金具の穴をヤスリで少し広げて取り付けました。

鏡筒への取付けはインチネジ#8-7/8を用意して固定しました。

#8のネジはISOネジだとM4にかなり近いですが、20cmの鏡筒をM4ネジ2本で保持は(強度的には充分そうな気もしますが)少し心配です。

接眼側にジャンクボックスから死蔵していた汎用金具を取りだし補強に用いました。(脱落防止くらいの働きはしてくれると思います)

というわけで無事AM5に搭載ができました。

使い方によってはかなり楽しめそうなセットです。

カテゴリー: 天文関係, 望遠鏡・機材 | コメントする

アンドロメダ銀河がそろそろ見納め

今日はとても良い天気になりました。

ここのところ晴れていても何となく霞んだ日が多かったのですが、今日は強烈な寒波の始まりか強い北風が吹いて空がクリアに晴れ上がりました。

さてスタパ定番の星空観察会は通常21時スタートなのですが、年明けのこの時期になるとその時刻にはアンドロメダ銀河(M31)が母屋の屋根に隠れるようなります。

上は観察会がスタートする前に撮影した今日のM31ですが、今夜はギリギリ観察会でもご覧頂くことができました。

M31が母屋の屋根に隠れるような位置関係になる頃にはおおぐま座のM81-82というわりと見やすい系外銀河が見えるようになります。

M31には及びませんが(特にM82は)意外に良く見えます。
(写真中央がM82,下がM81)

写真だとM81の方が迫力があるのですが、眼視観察では中心部しか見えないことが多く、M82の方が銀河らしく見えます。

今日は北斗七星の柄杓も昇りだしていたので柄杓の中にあるふくろう星雲(M97)を今シーズン初(ハイブリッド)観察しました。

肉眼ではかろうじて見えるのですが、電子の目ではハッキリ形が分かります。

カテゴリー: 天文関係, 星空 | コメントする

LX200-20の鏡筒を外す

来週はかなり荒れそうな予報が出ていますが、今日は良い天気でした。

スタパにあるLX200-20 (F6.3タイプ)、天文ドームの40㎝望遠鏡と制御系が同じであったためバックアップ機として保有していたのですが、40㎝望遠鏡の制御系を一新したためこの望遠鏡の制御系自身もあまり所有する意味がなくなりました。

動作自身も少し怪しくて自動導入の成功率がかなり低くなっていました。

鏡筒と課題が簡単には分離できず、込々の重量がほぼ20㎏もあるのであまり出番がなくなっていました。

鏡筒だけ外してAM5載せることができればまた使い道が広がるかな・・・と思い鏡筒を外すことにしました。

アームの左右にねじ止めされているので、まずはそれぞれ2本ずつのねじを外したのですが分離できず、もう一本あ0無の内側にあるビスを外す必要がありました。

でもこのビスアームの陰にあってとても外しづらい。

やむなく片側のアームを根元から取り外して何とか作業を進めました。

簡単に外せるだろうとなめていたのですが以外にてこずりましたが何とか無事取り外すことができました。

さてこれをどうやってAM5に取り付けるか?、しばし検討中・・・

カテゴリー: 天文関係, 望遠鏡・機材 | 2件のコメント

USBヒーターでハンドウォーマーを作る

今日はよい天候の一日。

今日はAmazonで購入したUSB ヒーター(ひとつ700円くらい)が届きました。

このUSBヒーター、以前にも購入しているのですがまあまあの優れモノなのでリピ買いです。

ヒーター自体は12V仕様なのですが、5VUSBから電源を取るための昇圧機と一体化されたコントローラーがセットになっています。

コントローラーではON(60・45・30分切替)-OFFと、高・中・低の温度調節ができるようになっています。

最大60分で電源が切れてしまうので長時間使うときには少し面倒ですが、切忘れがないのは安心です。

さて今回このヒーターを使ってこんな使い方をすることにしました。

ひとつは100円ショップで入手したハンドウォーマーの中にベルクロテープで組込みました。

もう一つはタブレットの裏側にこちらもベルクロテープで止めています。

ASIAirを制御するためにタブレットを氷点下の屋外で使用していると、バッテリー温度が零度を割りましたというアラートが頻繁に出るのを解消するためです。

ハンドウォーマーのほうは室温で使用していると温度設定が「低」でも少し熱いくらいなので、氷点下の屋外でも十分役に立つのではと思います。

観測時には厚手の手袋をしたままではPCやタブレットを使えないので、従来はこのハンドウォーマーに使い捨てカイロを貼り付けていたのですが、氷点下ではあまり暖かくならず役に立たないことが多かったのです。

電気式にすることで確実に暖かくしてくれるのではと期待しています。

カテゴリー: 望遠鏡・機材 | コメントする

モバイルノートがやって来た4

今日はうす曇りの一日。

冷たい北風が吹いて寒いのですが、何となくスッキリ晴れません。

さて先日から使い始めたNewPC 、HP ENVY x360 13。

快適に使えるようになったのですが、どうも気にくわないのが電源(充電器?)周り。

専用プラグでなくUSB-Cで直接充電できるのはとてもありがたいのですが、充電器からPCの線がとてもゴワゴワで柔軟性がない上に充電器側が固定で別のUSB-Cケーブルが使えないです。

充電器のAC側はいわゆるミッキー型の3ピンコネクターで、付属しているケーブルはPC側よりもさらにぶっとくて柔軟性、可搬性が非常に悪いです。

一応モバイル用にACコンセントに直接繋ぐL字プラグが付属しているのですが、形状的に持ち歩きにくいものであるうえ、コンセント回りで射し込みにくいとか他の機器と干渉しやすいなど、とても使いにくいものです。

必ず「接地して下さい」と書いてあるのですが、国内で使う場合に接地ができる環境なんてとても限られているし、国産のLet’sノートなどにはどこにも接地しろなんて書いていなかった気がします。

そこで用意したのがしたの中央のプラグコード(7A仕様の3ピンだがAC側は2ピン)と左側のフリープラグ。

上のプラグコードを短く切ってフリープラグに付け替え他のが下の左側ます。

これでコンセント回りでの干渉や狭い場所での扱いづらさが解消され、全体に平べったいので可搬性も向上すると思います。

もちろん接地しないことや電機部品の改造は自己責任ですので念の為。

とはいえ本体の軽さや可搬性ばかり大げさに宣伝するのではなく、この辺のところにも気を使ってくれると嬉しいのですがね・・・

カテゴリー: 望遠鏡・機材 | コメントする

AM5がやって来た  その13

今日日中は良い天気だったのですが、夜になってなぜか曇ってしまいました。

WindowsのノートでASIAIRを動かすことができるようになったのに気を良くして、AM5赤道儀の設定を少し変えました。

従来AM5の鏡筒脇にASIAIR、その上にガイドスコープを載せていたのですが、これだとメインに太い鏡筒を載せるとガイドスコープと干渉してしまいます。

ガイドスコープが干渉しないように鏡筒脇にはガイドスコープのみを取付け、

赤緯体側面にファインダー台座を取付けて

ASIAIRを取り付けました。

鏡筒の向きによりガイド鏡が赤道儀本体と干渉する部分がありそうですが、通常の可動範囲ではギリギリ問題なさそうです。(わずかでも子午線越えをすると当たります)

さてバランスウエイトレスで通常の赤道儀よりもかなり軽量なAM5ですが、それでも三脚、ASIAIR、ガイドスコープ、外部バッテリーなどを含めれば鏡筒無しでも10kg近い質量になります。

組立たまま移動しようとすると掴みどころが難しく、下手をすると手を滑らせかねません。

掴みどころ確保のため赤道儀と三脚を接続するボルトに持ち手用の輪っかを取付けてみました。(太めのロープやベルトなどで代用できます。)

さすがに片手で持ち歩く事はできませんが、この持ち手で持ち上げると反対の手はバランスを取る程度に手を添えれば良いので、可搬性が劇的に向上します。

手が滑る心配が少ないので持ち運び時の安心感が全然違ってきます。

お試しあれ

カテゴリー: 天文関係, 望遠鏡・機材 | コメントする