SVBONYの双眼鏡SV202Pを使う その1

今日日中はやや雲の多い一日でしたが、夜になって貼れました。

夕方、韮崎で見た富士山(スタパより近い)は夕日を浴びてキレイでした。

でもこの時期、山頂付近まで真っ白でなく、まだらになっているのは珍しいかも知れません。

さてSVBONYシリーズ第3弾、EDレンズ仕様の双眼鏡SV202(8×32)を紹介します。

この製品、対物レンズにEDガラスを使用していること、フルマルチコート・フェーズコートのBaK4製プリズム使用、Mg合金ボディと仕様としては高級機そのものですが、販売価格が10980円(21.02.09現在直販サイトにて税・送料込み)という破格さ!

EDレンズでなければこのくらいの価格は驚かないレベルですが、口径32mmEDレンズに限れば、少なくとも2万円は下らず3万、5万は当たり前の世界です。

まあこれで良く見えたら「大もうけ!」というわけで気になる方も多いと思います。

ということで前置きはこのくらいにして、まずは外観チェックから。

梱包箱の中には、本体、前後レンズキャップ、ネックストラップ、ソフトケース、(以下写真には写っていませんが)クリーニングクロス、日本語取説が入っていました。

外観的には標準的なダハタイプで、8×42のHINODE D1(写真右)と較べると兄弟のように一回り小さいです。

重さは477gで688gのD1と較べればだいぶ軽い感じがしますが、それでもペットボトル1本分。

ポケットに入れて気楽に持ち歩くと言うほどではないですが、カバンに入れてギリギリ苦にならないレベルでしょうか。

コーティングはツァイス系の赤っぽいマルチコーティング。

対物レンズはもちろん、接眼レンズやプリズムにもマルチコーティングが施されています。

D1(上)と較べると同じマルチコーティングでも随分色が違うのがわかると思います。

射出瞳はきれいな円形で、周囲に陰りは見えません。

接眼部の見口はツイストアップ式で上・中・下の3段階に調節可能です。(写真左眼側は上段にした状態)

ヒンジの対物側のキャップネジを外すと三脚取付用アダプターのネジになっています。

外観、付属品は極々標準的で減点要素は全く無いです。(続く)

スタパオーナー について

たくさんのかたに星空の美しさ、楽しさを知って頂きたくて、天体観測のできるペンションを開業しました。
カテゴリー: 双眼鏡, 望遠鏡・機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください