ヒマワリが何か変!?

今日は曇りのち雨。

こんな不順な天候でもスタパではヒマワリが満開なのですが、今年のスタパのヒマワリは何かとても変です。

通常ヒマワリというと上の写真のようにまっすぐ伸びた茎の先に大きな一輪の花が咲くというイメージが近いと思います。

今年スタパで咲いているヒマワリは昨年スタパで咲いていた上のような品種の種から育てたのですが、実は上のように咲いているのはむしろ少数派で・・・

こんなふうにいくつも枝分かれして小さめの花がたくさん咲いていたり、

外輪にでるはずの黄色い花びらがオヤジの鼻毛のように中央付近がらはみ出ていたり、外輪の黄色い花びらが異常に小さくて目玉のオヤジのようだったりと的の品種とはだいぶ違った咲き方をしているのです。

今年はたくさん枝分かれして咲いているものから種を採って、来年どんな花が咲くか試してみたいと思います。

スタパオーナー について

たくさんのかたに星空の美しさ、楽しさを知って頂きたくて、天体観測のできるペンションを開業しました。
カテゴリー: 八ヶ岳の生活, 自然 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください